オルビスの日々の取り組み

すべてのアクションは、地球につながる。だから、今、できることを一つずつ。

社内での取り組み

  1. 1 I am 地球市民

    社員全員が同じ意識のもと仕事に向かい、お客様の気持ちにお応えできるように、
    オルビスでは、社員の行動指針として「ORBIS STYLE」を定めています。
    その行動指針の一つに、「I am 地球市民。すべてのアクションは地球につながる。」があります。これは社員全員が、今の自分たちの行動が地球の未来につながっていることを自覚し、一人ひとりが一地球市民として行動することを目的としています。

  1. 2 環境活動の核となる環境チーム

    オルビスでは、環境活動を企業の社会的責任の一つとして考えて、「CSR委員会環境チーム」を設置しています。森づくりなどの環境活動の企画運営や今後の活動のアイデアの話し合い、社内外へのPR活動を行っています。メンバーは各部署から兼務で選出されていることもあり、社内への浸透も早く、環境活動の促進につながっています。

  2. 3 毎日が節電対策

    オルビスでは、クールビズ、ウォームビズをはじめ、さまざまな節電対策を心がけています。

    • ●週に一度、NO残業デーを設定。節電効果&仕事と私生活の調和を推進。
    • ●上下3階以内の移動には階段を推奨。
    • ●クールビズ、ウォームビズの実施。
    • ●蛍光灯の間引きや、共同スペース、OA機器のスイッチオフの徹底。

流通での取り組み

  1. 1 9サイズの梱包箱で、コンパクトにお届け

    商品サイズに合った梱包箱があれば、箱の中の空きスペースもゴミも少なくなり一石二鳥。オルビスでは、ご注文いただいた商品の量やサイズに応じてできるだけコンパクトに梱包できるように、大小さまざまな9サイズの梱包箱を揃えています。特に少量の商品には、段ボール箱ではなくクッション付きの封筒で対応しています。

  2. 2 CO2発生量の少ない緩衝材で、エコ配送

    お客様へ確実に商品をお届けするためには、配送時の衝撃から商品を守る緩衝材は欠かせません。しかし、お客様に商品が届いた時点で緩衝材の役割は終了し、ゴミになってしまいます。そこで、分別リサイクルが可能で焼却時に有毒ガスを発生しないポリエチレンを使用。2012年2月からは、かさばらないシート状の気泡入り緩衝材を導入することでゴミの削減につなげています。

  1. 3 エコ流通を支える、折りたたみ式コンテナ

    工場、配送センター、全国の店舗の間を、毎日膨大な数の商品が移動します。オルビスではこうした商品の配送に、繰り返し使える折りたたみ式コンテナを使用。導入前に利用していた、年間9万箱以上の使い捨ての段ボール箱と比較すると大幅に省資源化。折りたためば1/4のサイズになり、スマートな配送や保管につながっています。

  2. 4 紙を大幅削減するエコな配送センター

    お客様に商品をお届けするための出荷作業では、毎回、書類作成のための膨大な量の紙が必要でした。しかし、2012年に開始した新配送センターでは、出荷システムをデジタル化することで書類の半減化に成功。年間約13t(前年度比較)*の紙、A4普通紙にして260万枚もの廃棄量の削減を可能にしました。
    *紙の廃棄量は商品の出荷件数によって変動するため数値は毎年異なります。

    半減 約13t 約260万枚マイナス

販売での取り組み

  1. 1 紙もインクも、環境視点なカタログ

    現在、世界中で毎年約1,300万haの森林が消失していると言われています。その原因の一つが原産地の法令に反した違法伐採。そこで、オルビスではカタログに、適切に管理されている森林の木材を使用した紙として認証を受けている「FSC*認証紙」を使用しています。印刷用インクには、大気汚染につながる揮発性有機化合物(VOC)の発生が少なく、生分解性に優れたベジタブルオイルインキを使用しています。
    *FSC: Forest Stewardship Council(森林管理協議会)

  2. 全国のショップでも、コツコツとエコ活動

    2000年のショップ展開当初から、ショッピングバックにはエコ素材を使用。土に還りやすい自然素材や100%再生紙を経て、現在はFSC認証紙や、焼却しても塩化水素等の有毒ガスを発生しない素材をショッピングバッグに採用しています。また、2007年からは、ショッピングバッグ不要のお客様にポイントを差し上げる「ECOポイント制度」を導入。2年後には約70%(導入前比較)もの使用量が削減されました。

    インク→水性大豆インク 紙→FSC認証紙 印刷方法→フレキソ(水性印刷)

商品でのその他の取り組み

  1. 1 川や海を汚さない、生分解性100%洗剤

    発売以来、長くお客様に愛されている「キッチンウォッシュ」と「スーパークリーン」。その理由は、徹底的に環境に配慮した商品であること。排水後も川や海を汚さない生分解性*100%の成分を使用し、環境への負荷を低減しています。
    *生分解性とは、微生物の作用により有機物が炭酸ガスと水などに分解される性質のこと。

  2. 2 法規制よりも早く、一歩先を考えた商品開発

    オゾン層を破壊し、地球環境に影響を与えるとして、国内でフロンガス規制が始まったのは1988年。オルビスでは、創業当初からフロンガスを一切使わずにスプレーやフォームをつくっています。未来に不安のあるものは使いたくないという想いから、一歩先を考えた商品開発に率先して取り組んでいます。

  3. 3 返品商品はリサイクル

    返品された商品も、オルビスは責任持って処分しています。お肌に合わない商品などは無料での返品を承っていますが、容器を燃料として再資源化することで、リサイクルしています。

    燃料として再資源化 燃料