社員紹介

商品企画

鈴木 奈々絵 商品企画部 化粧品企画チーム
2013年入社 商学部 広告・マーケティング専攻 卒

配属されたのは、オルビス全体のブランディングを意識しながら、世の中のニーズを捉えて商品を開発する部署。スキンケアやメイク品、それぞれ商品ごとに一人の企画担当者が責任をもち、グループの研究所や通販営業部、店舗営業部、物流部門、CRM部門などと協力しながら、複数の商品を並行してコンセプト設定から発売までの管理を担当する。鈴木は配属早々、マスカラ限定色開発のメイン担当を任される。

社員紹介 鈴木 奈々絵

WHY ORBIS...?

あなたがオルビスに入社したきっかけを
教えてください。

Make Many People Smile

大学時代にカフェの接客を通じて、目の前のお客様を幸せにする楽しさを味わいました。より多くのお客様を笑顔にする仕事がしたい。そんな想いを胸に始めた就職活動では、自身のダイエット経験から興味を持った健康食品や美容品の開発に関わることができる会社を見ていました。中でもオルビスを選んだのは、選考中に出会った3年目の先輩がいきいきと仕事をする背中に憧れたから。入社したら予想以上に大きな裁量を与えられ、マスカラ限定色開発のメイン担当を任されるというサプライズが待っていました。

企画から発売まで手掛けた商品が、全国のお客様の「キレイ」に貢献。

マスカラの開発では、当時のメイクトレンドをヒントに設定した「女性の色香を引き出すメイク」というコンセプトに沿って、それを具現化する色を市場品を参考に選定するところからスタートし、ボルドーを選びました。容器も、限定色というのが伝わりやすいデザインにこだわりました。1年目で取引先のベテラン社員に要望を伝えるのは緊張しましたね。社長向けのプレゼンで企画が承認されると、販売部門と広告の戦略を打ち合わせながら発注数を決め、CRM部門と顧客対応の想定問答集をすり合わせます。嬉しかったのは、発売1週間で売り切れになるほどの人気を博したこと。CRM部門から新商品の反響を得られるのは大きな励みになりますね。自分が企画した商品が、お客様から「この商品を待っていたのよ」と期待されていたときや、雑誌で美容専門家から高い評価を得たときは、お客様の「キレイ」に少しでも貢献できたのだと、跳び上がるほど嬉しくなります。

単純な定量調査の数字だけでは見えない「潜在ニーズ」を汲み取り、商品開発に活かす。

企画立案で心がけているのは、商品の機能だけをアピールするのではなく、その商品がお客様の生活シーンをどう豊かにするのかベネフィットを伝えること。そのためにはお客様のライフスタイルの把握や潜在ニーズの発掘が重要になります。例えば、私が担当したBBクリームでは、定量調査で「秋冬のBBクリームにお客様が求めるのはカバー力」という結果が出ていました。ですが、「カバー力はもはや基本スペックであり、隠れたニーズがあるのでは」と考え、再度「コンセプト調査」という形で調査を行ったところ、「秋冬に日常生活で起こる乾燥悩みを根本改善する潤いやスキンケア効果」を期待するというニーズがあぶり出されました。そこで、そのベネフィットを訴求する商品を目指していたところ、カバー力と潤い、感触の良さを両立する内容物の調整という問題に直面しました。研究員とのすり合わせは試行錯誤の連続でしたが、研究所に張り付いて二人三脚で妥協せずに取り組むことで、目指していた品質が達成でき目標値を大幅に上回る販売結果につながりました。自分が立てた仮説が正しいのか迷うことも多々ありますが、気軽にプチミーティングを開いて、チームのメンバーから新しい発想をもらえるのも助かっています。

OFF TIME

あなたの休日の過ごし方を教えてください。

休日は友人と食事に行ったり、趣味のお菓子作りをしたりして過ごすことが多いですね。あとは、学生時代にソフトボールをしていたので、夫の会社にある野球チームの試合に参加してリフレッシュしています。また、市場調査をかねて銀座や表参道を散歩し、街ゆく人のファッションやメイクをチェックしたり、ファッション雑誌を読んで流行の色やスタイルを確かめたりしています。普段からアンテナを立てて情報収集をしていると、企画につながる種をいっぱい拾えるんです。

PEOPLE

他の社員情報を見る