ORBIS

  1. TOP
  2. TOP MESSAGE

TOP MESSAGE

なりたい姿に
なるために。

オルビス株式会社
代表取締役社長
小林琢磨

通信販売、オイルカット…創業期のイノベーション

まずオルビスが創業時どんな会社であったか、お話しようと思います。
今ある世の中をより良く変えていく姿勢、それはオルビスがスタートから持っていたものでした。1987年の創業時は油分を多く使ったいわゆるオイルリッチな化粧品が世の中の主流でしたが、オルビスはそれが本当にお客様にとって必要なのか?と考えました。お客様にとって本当に必要で良いものを買いやすい価格で提供すれば、きっとお客様はわかってくださる。オルビスはそう信じ、必要以上のものを肌に与えず「人が持つ本来の美しさを最大限に引き出す」という考え方のもと、オイルカットの化粧品を開発しました。
また、当時当たり前になっていた化粧品の対面販売に対しても、それが最善なのだろうか、もっとお客様に対して誠実な販売方法、お客様が自ら必要なものを選び、いつでも手軽に購入できる方法はないだろうか?と考え通信販売という方法を確立しました。その他多くのイノベーティブな選択の結果、オルビスは多くのお客様にご支持をいただき、無名の一企業から業界を革新するチャレンジャーとして成長軌道に乗ることができました。常識にとらわれず「本質的な価値はなにか?」と世の中の流れに真逆のスタンスを提示したオルビスの姿勢をお客様が支持してくださったと考えております。これが創業時からオルビスにある、当たり前を疑い、問いを立て、その時代にあった本質的な価値はなにかを考えるマインドです。

しかし安定成長を維持すること、社内の改善と既存のお客様の購入単価を上げること、そして効率化に注力する中で、いつのまにか自分たちの存在価値を洗練させることから離れていたのに気付かなくなっていました。自らの核となる存在意義、存在価値の追求よりも、安定を求め、原点であり強みであった革新性を失いつつありました。時に常識を疑い、不必要なものを見極め、足すことよりも引くこと、あるいは180度違う見方をすることを得意としてきたオルビス自身が、たくさんの不必要なものを身にまとっていたのです。その結果業界のチャレンジャーとしてのポジションを失ってしまいました。

オルビスの第二創業期とは何か?新たなブランドコンセプトと事業戦略

そこで2018年今一度創業当時のスピリットに立ち返り、私たちはそもそも何屋さんなのか?と、メンバーとともに本気で考えてきました。事業ドメインを「通販事業」ではなく「ブランドビジネス」であると明確にし、ビューティブランドとしての価値提供に向かってチャレンジしようという動きをスタートさせています。オルビスの創業当時からの考え方を進化させて新たにスタートを切る、これが今をオルビス第二創業期とする意図です。

本質とは何かを追い続ける

2018年8月2日に新ブランドメッセージ「ここちを美しく。」を発表し、それに続いて基幹シリーズ「オルビスユー」の全面刷新を行いました。オルビスが発信するのは「スマートエイジング」。現在化粧品市場では「アンチエイジング」という価値が当たり前となっていますが、それだけでない「人が持つ本来の美しさを引き出すエイジングケア」があっていい。美はもっと多様性と可能性があるのでは?と考え、オルビスというブランドを独自のポジションに置きます。

また、新たなブランドコンセプト「ここちを美しく。」の通りに、ビューティブランドとして、化粧品やその他の商品だけではない、コミュニケーションを含めたブランド体験そのものに「ここちよさ」を感じていただきながら、人が持つ本来の美しさを最大限に引き出し、心地よさを科学していくブランドを目指します。

第二創業期に求める、独創性と共創性を発揮できる人材。なりたい自分になるために

また、オルビスはビューティのブランドビジネスをするメガベンチャーでありたい、そう考えています。常にお客様にリーダーシップを発揮し、本質的な価値提供をしつづける組織であるために、独創性と共創性を発揮できる人材にぜひ仲間になってほしい。お客様の目線で本質を追求し続ける、というオルビスの基本的な考えに共感してくれる人にはぜひ来ていただきたいですが、決して同質性を求めてはいません。
多様な考えを持つ人々とともに第二創業期のオルビスを作っていきたいと考えていますので、「オルビスのファン」ではなく、「オルビスのことを知らなかった」という人にも、来ていただきたいと思っています。
新たなチャレンジに挑むオルビスでは、社内の組織もその為に改革しました。

チャレンジを後押しし、個人が裁量を持って働くことができる環境が整っています。入社した方たちには早くから活躍してもらうことになるでしょう。自分の考えを持って0→1で大きなものを動かしたい、創造したい。そう考える方にはぜひ来ていただきたいです。

第二創業期のオルビスは、ふたたび目指す姿になるために動いています。独創性と共創性を併せ持つあなたも、「なりたい自分」になりたいと思ったことはないでしょうか。オルビスは、そんなあなたを後押しできます。

TOP