ORBIS オルビス株式会社

BLOG

  1. ORBIS オルビス株式会社
  2. BLOG
  3. Culture
  4. 「ONE ORBIS」で駆け抜けた1年、そして未来へ。『ONE ORBIS FORUM 2021 WINTER』の全貌をお届けします!

「ONE ORBIS」で駆け抜けた1年、そして未来へ。『ONE ORBIS FORUM 2021 WINTER』の全貌をお届けします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。オルビス公式ブログ担当の土井山です。

先日、オルビスで働く社員、BA、ビスタの全メンバーで2021年を振り返るとともに、翌年の実行力を高める全社イベント『ONE ORBIS FORUM 2021 WINTER』が開催されました。

今回は、イベント当日の様子と、感謝を伝え合い「ONE ORBIS」で1年を締めくくる社員の様子をお届けしていきます! オルビスの「未来志向×オープンマインド」なカルチャーが垣間見える内容となっておりますので、ぜひご一読ください。



オルビスの全社総会「ONE ORBIS FORUM」について

「ONE ORBIS FORUM(通称:OOF)」は、夏と冬の年2回にわたって開催される、毎年恒例の全社イベントです。普段はそれぞれの部署で異なる業務を実行するオルビスの全メンバーが、1年間の感謝のメッセージを贈り合い、「ONE ORBIS」でのさらなる一体感と結束を強化することを目的としています。

『ONE ORBIS FORUM 2021 SUMMER』の様子はこちら

部署も役職も超えて「ONE ORBIS」でお客様への価値提供を考える一日。全社総会『ONE ORBIS FORUM 2021 SUMMER』をレポートします!
https://corp.orbis.co.jp/blog/culture/oof

今回のOOFのテーマは「束なり、とどける」 



『ONE ORBIS FORUM 2021 WINTER』のテーマは、「束なり、とどける」。各部署が縦横無尽に連携し、シナジーを生みながらお客様に価値をお届けしていく「熱の伝播」を、淡いカラーとグラデーションで表現しています。

『ONE ORBIS FORUM 2021 WINTER』 当日の様子

今回のOOFも夏と同様に、経営陣、運営事務局は本社オフィスよりZoomで配信。その他、社員はオンラインで参加しました。

まずは「ONE ORBIS」として全員で2021年を振り返り、以降は本社社員、店舗BA・ビスタ(コールセンタースタッフ)に分かれてそれぞれ進行。代表の小林や経営陣からのメッセージを受けて、部署や立場の垣根を超えたシャッフルダイアログを行うことで、これから「誰と、どのように連携していくのか」を一人ひとりが明確にする1日となりました。

2021年を振り返り、お客様との繋がりを実感


【写真】(左から)福島取締役、元木執行役員

ブランドの前進を実感するオープニングムービーを皮切りに、OOFがスタート! まずは、オルビスの2021年の進化を全員で振り返りました。

福島取締役、元木執行役員より、有事の状況下においてもブランドの最前線でお客様にここちよい体験を届ける全メンバーに、日頃の感謝とさらなる進化への期待のメッセージが届けられました。

実際にお客様から寄せられた「ありがとう」のエピソードの数々から、この1年間実行してきたことへの確信と、2022年も「ONE ORBIS」でワクワクする体験を創っていきたいという想いが高まります!

未来への期待を込めて、経営陣からの熱いメッセージ

トップメッセージでは、代表の小林より、来年に向けた国内・海外の事業戦略の説明がありました。市場の動向やオルビスの勝機について理解するとともに、データを用いた熱のこもったメッセージを受けて、メンバーも高い実行イメージを持つことができました。

最後は、「来年も"未来志向×オープンマインド"でオルビスを進化させていきましょう! 」と語り、全メンバーへの期待の言葉でしめくくりました。


【写真】(上段左から)福島取締役、元木執行役員、西野執行役員

福島取締役、元木執行役員、西野執行役員の3名からは、それぞれの言葉で来期に向けての想いとメンバーへの期待を語られました。お客様とより深く、長く繋がっていくブランドであり続けるために、社員に送られたメッセージを一部抜粋してご紹介します!

多様性や挑戦の風土が醸成できているからこそ、オルビス全体での連動による組織能力を発揮していきましょう。社員約250名というコンパクトな組織だからこその強みを活かしたスピードと、一体感による成果創出を期待しています!
(福島取締役)

「ブランドビジネスマーケッター」として、お客様と熱い交流ができる企画を生み出していきましょう。2022年もさらなる高みを目指して、お客様の体験価値向上を叶える1年になることを願っています!
(元木執行役員)

ブランドの強みである「本質志向」を活かして、顧客価値を最大化できるのは我々オルビスであるという"自信"と"誇り"を胸に突き進みましょう!
(西野執行役員)

全員で束なり、お客様に最高の価値をとどけるために。自分自身の行動を明確にする"シャッフルダイアログ "



【写真】(上から)本社社員、BAのダイアログ風景

オンライン開催恒例の全部署シャッフルで行うダイアログでは、経営陣からのメッセージを受けて感じたこと、来年以降で"誰と、どのように連携をとっていくのか"自身の行動を言語化することで、一人ひとりの実行力を高めていく時間となりました。


【写真】ダイアログを行うビスタの様子

ビスタ(コールセンタースタッフ)の方々は、各拠点のコールセンターに集まってダイアログを実施。立場や勤続年数の異なるオルビスの全メンバーが、垣根を超えて繋がる様子が見えました!

ダイアログ終了後、全社を代表して3名が宣言!



ダイアログを経て感じたこと、自身の行動について、全社員を代表して3名が全社宣言を行いました。全社宣言の内容を、一部ご紹介します!

♢QCD統括部 発注管理グループ 山口さん

来年は、サプライヤーの視点とお客様の視点の両方を今まで以上に意識しながら、その時々で最適な在庫管理ができるフレキシブルなサプライチェーンを目指していきたいです。そのためにも、さまざまなチームの方々と積極的に関わっていき、変化の種を見逃さないようにしたいと思っています。

♢CRM統括部 コミュニケーション推進グループ 藤田さん

部署を横断した連携には、相談しやすく、何でも言い合える関係性を構築することが重要だと考えています。 PDCAの実行スピードを高めていくためにも、部門間連携という名のボールを蹴り出す、そんな存在になれるよう行動していきたいと思います!

商品企画部 商品企画グループ 加藤さん

来年のトピックとして、お客様の全てのコンタクトポイントにおいてお届けできる価値を最大化させていくことを意識していきたいです。
「オルビスでこんなことをしたい!」と思っている社員もたくさんいると思うので、そういった方々と一緒に新しい取り組みが生まれるような組織にしたいと思っています!

OOFで高まった熱量をメンバー同士で届け合う、年末恒例の「Deliver Card」


【写真】(左から)手渡し用、オンライン用の「Deliver Card」

OOFを経て高まった熱量をそのままに、1年間の感謝や未来の共創へのメッセージを届け合うことのできる「Deliver Card」が今年も登場!オルビスの全メンバーが、立場や役割、国境さえも超えて想いを届け合うことができるよう、直接手渡しできる手書きのカードだけでなく、オンライン用のデザインも作成しました。


【写真】「Deliver Card」を渡し合う社員の様子


「いつもサポートしてくださり、本当にありがとうございます!」
「来年も高め合って、切磋琢磨していこう!」


日頃お世話になっているあの人へ、来年はより一層連携していきたい、あの人へ。今年も「Deliver Card」にそれぞれの想いを載せて、オルビスのメンバーが結束を深めていく様子が見られました!

2022年も、「ONE ORBIS」で最高の体験を届けよう

【写真】エンディングムービーの一部

『ONE ORBIS FORUM 2021 WINTER』では、今年1年のチャレンジに対する賛辞の贈り合いと、お客様へ価値提供していくプロフェッショナルとして自身の行動を明確にする1日となりました。さらに1年間の感謝と来年への期待を載せた「Deliver Card」を贈り合うことで、より一層、メンバー同士の結束が深まったのではないでしょうか。

2021年、オルビスはスキンケアを軸としたビューティーブランドとして、確実に進化を遂げてきました。進化の裏側には、社員・BA・ビスタ一人ひとりのお客様を想う気持ちと、「未来志向×オープンマインド」な行動があります。

来年も、「ONE ORBIS」で価値を最大化させ、新たなチャレンジを続けていきましょう!



最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

オルビスでは現在、一緒に働く仲間を募集しています。少しでも興味をお持ちいただいた方は、ぜひこちらからご連絡ください。

皆様のご応募、お待ちしております!


Profile

土井山 幸香(Doiyama Yukika)
2021年新卒入社、HR統括部 組織戦略グループ所属。
広報担当として、オルビス公式ブログの編集、公式SNSアカウントの運用を行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加