ORBIS オルビス株式会社

BLOG

  1. ORBIS オルビス株式会社
  2. BLOG
  3. Interview
  4. 自分の意志を反映し、ゼロからリリースまでの全工程をマネージする。SIerからオルビスに転職したSEのやりがいとは?

自分の意志を反映し、ゼロからリリースまでの全工程をマネージする。SIerからオルビスに転職したSEのやりがいとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。ブログ担当の栗本です。
今回は、2020年6月にオルビスへ中途入社した、CXデザイン部 ICT企画開発グループの芦田麗(あしだうらら)さんをご紹介します。

前職のSIerでの経験を経て、より上流工程から「自分自身がどうしたいか」を反映しながらリリースまでかかわりたいとの思いでオルビスに入社した芦田さん。事業会社だからこそのやりがいや、オルビスならではの魅力とは?

ぜひご一読ください。

 



――芦田さんが前職SIerのSEからオルビスの社内SEに転職した背景を教えてください。

大学生の頃に、子どもたちにプログラミングを教えるインターンをしていた経験から、ITに興味がありました。また、人とかかわることや接客が好きだったこともあり、お客様に近いところで仕事ができることと、ITでお客様を支えることができる、という点から、新卒ではwebシステムを扱うSIerにシステムエンジニアとして就職しました。いろんな企業の方々のwebシステム開発や運用を手伝い、ITの側面からお客様を支えられることにやりがいを感じていました。

一方で、要件定義などの上流部分はすでに決まった状態からのスタートとなる点や、決定権はあくまでお客様である法人にあり、「自分自身がどうしたいか」を反映することが難しい領域がたくさんあることにはもどかしさを感じていました。また、自分が開発したシステムの届け先があくまで法人(自分のお客様)のそのまた先のお客様である点からも、もっとお客様の近いところで直接届ける仕事をしたいという思いもありました。

そういった背景から、自分の仕事により意味ややりがいを見出せる仕事がしたいと考え転職活動をしました。設計のさらに上流の要件定義から裁量権をもってかかわれる、かつお客様に直接サービスを届けることができるという点で、事業会社がいいと考えました。また、自分の仕事に意味ややりがいを見出すうえで重要視したのが、企業のミッションに共感して自分もその実現に向けて行動するモチベーションをもてるか、という点でした。

私は昔から肌荒れがひどくて、デパートコスメなど高価な化粧品を次々と試してみても効果が見いだせずに、「美容難民」のような状態になってしまったことがあります。お金も時間もかけて苦労しても価値や効果を見出せない苦しみは本当につらかったですね。そんななかオルビスのスキンケアと出会い、2,000円~3000円程度の価格帯でもそれまでに得られなかった効果を実感できたという経験があり、オルビスの商品には厚い信頼を寄せていました。オルビスがかかげる「ヒーリングバイサイエンス」という、サイエンスに裏付けされた確かな力で一人ひとりのここちよさを体現し、個に寄り添った多様な美の在り方を見出すという考え方や、個人が活きるようにサポートするというオルビスの姿勢には非常に共感していたため、こんな事業会社の一員として、ITの領域からお客様をサポートしたいと思い、入社を決めました。





――事業会社オルビスの社内SEとしての役割や、やりがいについて教えてください。

まず、私の所属しているICT企画開発グループでは、

  1. アプリケーション・サービスの新規開発案件担当
  2. 安定して常に届け続けるための運用保守担当
  3. 基盤面でサポートし、よりよく改善していくインフラ担当
  4. IT統制としてのガバナンス担当

と、大きく4つの担当領域があります。

私はこのうち1つめのアプリケーション・サービスの新規開発案件を担当しています。ECアプリやオルビスの基幹システム、コールセンターのシステムなど、新しいサービスを届けたい時に、システム改修の部分をベンダーと調整しながらリリースまでもっていく業務です。

自分たちで何を届けたいのかを考えて実行するまでを行えるので、ゼロから始めることができるのは転職の背景もあり非常に大きなやりがいに繋がっています。他部署の人から、「こういうことをしたい」という話が来た時にも、比較的ふわっとした状態から一緒に話をし、開発ベンダーとも連携しながらリリースまでのプロジェクトマネジメントを担当できているのは、自身のスキル向上にもなっていると感じます。自社のITだけでなく、世の中で最先端とされているITツールにも目を向けて、どうすれば30年の歴史があるオルビスのシステムに適用して活用していくかを考える仕事も多く、常にアンテナを張って新しい情報を仕入れ、新たなチャレンジができる環境も刺激的で自分には合っていると思っています。





――オルビスで働く人たちや、働く環境についてはどのように感じていますか?

仕事上、いろんな部署の人たちと一緒に仕事をすることが多いのですが、どの部署の人も一貫してお客様に真摯だというのは、オルビスの一つの特徴だと思います。どんなサービスを開発するときも、いつもお客様を一番に考えて議論が進みます。また、全社的に非常に肯定的で、常に前に向かって進むというポジティブな風土もあると感じます。サービスのリリース後には決まって、お客様からもオルビス内部からも感謝の言葉をもらえるのはとても嬉しいですね。ベンダーと社内の間に立つ調整役なので、板挟みで辛い思いをすることも多いはずのポジションですが、オルビスではそういったネガティブな思いをしたことが一度もなく、環境としてもとても恵まれていると思っています。「してくれないことへの不満」よりも「してくれることへの感謝」が強い風土なので、ありがたく居心地も良いですが、同時に主体性は求められる環境でもあるので、私にはちょうどいいなと思っています。

また、オルビスが人の多様な在り方を肯定する「SMART AGING」を大切な提供価値としていることもあり、私のグループのマネージャーは私生活をより良くして仕事をするのが良いと考えているので、その点も働きやすさに繋がっています。仕事上、繁忙期などもありますが、大変そうにしている人への上長からのサポートは厚く、安心して働ける環境だと感じています。


――この先オルビスで実現したいことを教えてください。

オルビスは、2018年からリブランディングに伴い様々な改革を進めていますが、システム面ではまだまだ発展途上な部分が多く、だからこそやれること・やりたいことがたくさんあります。店舗・コールセンター・EC・アプリと、チャネルもたくさんあります。私の所属するグループのミッションとして、お客様により良いシステムを早く届けたい、そしてそれを維持・効率化してより良いものにしていく、というものがあり、まさに私自身もそれを実現していきたいと思っています。そのためにも、新しい仕組みづくりをゼロから企画し、外部の新しいシステム導入などもうまく使いながら、オルビスをより良いサービスを届けられる会社にしていきたいと思っています。


 

Profile

芦田 麗(Ashida Urara)
2020年6月、SIerからの転職でオルビスへ中途入社。
CXデザイン部 ICT企画開発グループにて、アプリケーション・サービスの新規開発案件を担当。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加