ORBIS オルビス株式会社

BLOG

  1. ORBIS オルビス株式会社
  2. BLOG
  3. Interview
  4. ベンチャー・コンサル志望の私が、対極にあるイメージだった化粧品業界のオルビスに新卒入社を決めた話

ベンチャー・コンサル志望の私が、対極にあるイメージだった化粧品業界のオルビスに新卒入社を決めた話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ブログ担当の栗本です。

今回ご紹介するのは、2020年4月にオルビスに新卒入社し、現在2年目として活躍する大野詩織さんです。
今回は、インタビューではなく、大野さん自身に自己紹介という形で記事を執筆いただきました。
就職活動では当初ベンチャー企業やコンサルティング業界を志望していた大野さんが、「歴史ある大企業」だと思っていたオルビスへの入社を決めた理由とは?

ぜひご一読ください。



こんにちは。
2020
4月に新卒でオルビスに入社した大野詩織と申します。

私は、圧倒的スピード感で、市場価値の高い人材になりたい!という強い想いがあり、ベンチャー企業やコンサルティング業界を中心に見て就職活動をしていました。ところが最終的にはオルビスへの入社決断に至りました。

今回は、私が当初考えもしなかった化粧品業界のオルビスに入社することになった経緯をお伝えします。

 ――元々ベンチャー・コンサル志望

私は、家庭環境によって苦労してきた経験があります。そんなこともあって、やりたいことにはとにかく全力で取り組むし、知らないことは何でも知りたいという想いをとても強く持っています。圧倒的行動力が自慢の全知全能オタクだと自負しています。

大学でも様々なことに取り組みましたが、特にキャリアビジョンに影響を及ぼしたのは1年間ベトナムでインターンしたことです。自分が企画から指示書作成までしたものが形になったり、企画したサービスの開発や制作ディレクションを経験したり、大手日系クライアント案件にゼロから関わり契約が取れたり、自分自身が会社を動かすほど影響を及ぼせる働き方ってとてもワクワクするし、ビジネスマンとして成長できると痛感しました。

なので、若いときから裁量がある中でビジネスマンとして成長したいという強い想いがあり、ベンチャー企業やコンサルティング業界などを中心に就職活動していました。

それが、メーカーの、しかもベンチャーとは対極の歴史ある大企業というイメージだったオルビスに入社したわけです。その理由をここではかみ砕いていきたいと思います!


大野サークル.jpg


――就職活動の軸

前述したように、ビジネスマンとして成長したいという想いがあったので自分自身にビジネススキルをつけられる環境で活躍したい”というブレない軸がありました。その軸をもう少し細分化すると以下の3つです。

  •  マーケティング思考や俯瞰視点などのビジネス視点を得られる
  •  若手からでも裁量権を持てる(自分で考え行動できる)
  •  自分の市場価値を高められる

高度経済成長期が終了してから何十年も停滞している日本で、この先40年、あるいはもっと長きにわたって、ずっとやりがいのある仕事をして人生を有意義に生きていきたい。今20代前半でこのように考えている人なら、似たような軸を持っているかもしれないと思います。

――どうしてオルビス?

そんな私がオルビスに最初に抱いたイメージは、化粧品の会社で、美意識が高くないとダメで、男性が少なくて、みんな聞いたことのある会社だから歴史ある大企業なのだろうな・・・というもの。

結論から述べると、そのイメージは全部間違っていました(笑)

まず、オルビスでは現在、第二創業期としてリブランディングに取り組んでいるということを知りました。「第二創業期」とは、どこの会社でも聞くことが多いワードだと思いますが、特にオルビスは、組織構造、商品、ブランドロゴも刷新していて、本当に会社を一からやり直す気概を感じました。そんな大企業の変革期というフェーズに内側からがっつり携わることで、とてもレアな経験ができるのではないか?と思いました。そのレアな経験というのは、ベンチャーと同じ創業期フェーズで裁量もありながら、ベンチャーではできない金額・規模感での企画実行ができることです。広告やイベント、商品など、あらゆる施策の影響範囲が、ハンパない広さです。そんな企画実行を自分ができるって、考えただけでワクワクしました。

また、就職活動をするなかで知ったことですが、オルビスは実は大企業ではありません。本社勤務の人はたったの約250。なのに売り上げは年間約500億円。一人ひとりの仕事の裁量は大きく、高いスキルを持った少数精鋭のビジネスマン集団です。また、意外にも男女比は約半々。美意識が高くないと入社できないなんてこともありません。

少数精鋭集団の中で若手からでも裁量を持つことができ、切磋琢磨して自分の市場価値を高められて、上流・下流工程を見据えられるような俯瞰視点を求められる環境でマーケティング力を高められる。オルビスはそんな場所だと感じました。

また、マーケティング会社ではなくメーカーでマーケティングをする魅力は、自社のことなので本当に自分ゴト化してどうすれば顧客と会社が持続的に良い関係でつながれるのか向き合えることだと思います。取引先の会社に対してマーケティングで結果を残すより本質的なマーケティングスキルを身につけることができるのではないかと考えています。


――オルビスでのこれから

大野同期.png


私は第二創業期にあるオルビスのなかで、自分が解決しないと変わらないという自分ゴト化スタンスを常に持ち、社内も、「
ORBIS」というブランドも、顧客との関係性もどんどん良くしていきたいし、良くしていけるような俯瞰視点とマーケティングスキルを磨きたいと思っています。

また同時に、今のオルビスはグローバル展開が発展途上で海外展開をこれから加速させていくという絶好のタイミングでもあります。ここに対して、ベトナムで1年勤務経験のある私ならではの知識も活かして関わっていき、新しい海外展開のチャンスを自分が掴みたいと考えています。すでにグローバル展開が仕上がっている会社よりも、今のオルビスだからこそ、自分が主導で海外展開・グロースのチャンスを掴みやすく今後の可能性・未来が無限大であるということにもとてもワクワクしています。

やりたいとこがいっぱいある私にとってワクワクがたくさんあるオルビスで、常に楽しみながら成長し続けて、この先もずっと、仕事にやりがいを感じながら人生を有意義に生きていきたいです!



最後までお読みいただき、ありがとうございます。

若いうちから裁量のある環境下で、スピード感をもって成長したい。そんな想いをもった大野さんが最終的にたどり着いたのが、オルビスという選択肢でした。

就活の考え方など、就活中の皆さんの参考になることがあれば幸いです。

 

Profile

大野 詩織(Ono Shiori)
甲南大学マネジメント創造学部出身。
CXデザイン部 AD-リテンション戦略グループにて、新規顧客獲得領域をを中心としたマーケティングを担当。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加