2024.4.18

働く場所や仕事の内容が異なっても、『ONE ORBIS』として目指す姿は同じ。全社で気持ちをひとつにして臨んだ2024年入社式への想いとは

PROJECT

JOB&CULTURE

 ORBIS

こんにちは。ブログ担当の仁尾です。 オルビスは、2024年4月1日に入社式を開催し、新入社員を迎えました。

人生の重要な選択においてオルビスを選んでくれたみなさんに、全社員で感謝と歓迎を伝えたい。そのような想いで企画された入社式では、歓迎のメッセージだけではなく、オルビスで働くうえで大切にして欲しいことや、やりがいについて語られました。

社員が一同に集い、新入社員とともに『ONE ORBIS』の一体感が感じられた入社式当日の様子をレポートします。

 

代表の小林から新入社員へのメッセージ

入社式は新入社員の入場からスタートします。社員一同が見守るあたたかな雰囲気の中、大きな拍手で迎えられた新しい仲間たち。オルビスらしい距離の近いおもてなしに、少し緊張もほぐれ、晴れやかな笑顔がみられました。

まずは代表の小林から新入社員へ向けて、一番大切なこととしてオルビスの『ミッション』についての想いを伝えます。

「オルビスのミッションは、“ひとりひとりが持つ美しさが、 多様に表現されるここちよい社会へ”です。これは、美容に対する考え方や、どのように年齢を重ねたいかという想いは人それぞれであって、自分が納得する形で年齢を重ねていくことを、誰しもが実現できる社会にしていきたいという考えです。

そのミッションを実現するためには、一部の特別な人だけでなく、出来るだけ沢山の人に価値を届けることが必要です。『沢山の人に届けてこそイノベーション』これが、オルビスの考えです。

2018年からリブランディングを経て、百貨店ブランドと並び主要美容誌のベストコスメを多数獲得するまでに成長しました。しかし、オルビスは、“高価格帯の商品を中心としたブランド”を目指しているのではありません。

我々は、お客様にとって身近な存在で有り続けたいと考えています。 これからもオルビスは、新たな知見や独自技術を取り入れながら、誰しもが手に取りやすい価格帯で商品を届け、ここちよく年齢を重ねる手助けをしていきたいと思っています」

その上で、小林からは新入社員のみなさんに、オルビスの一員として働く上で意識して欲しいことについて言及しました。

「新入社員のみなさんに意識して欲しいことが2つあります。1つ目は、みなさん一人ひとりが“オルビスのバリューチェーンに欠かせない役割を担っている”ということです。 オルビスは、“バリューチェーン”つまり、商品が企画されてからお客様のもとに届くまでの価値連鎖の流れが長いビジネスです。そして、途中どこかひとつでも機能しなくなるとリカバリーが難しくなるんです。

それぞれが使命と責任をもってバリューチェーンを繋ぐことで『ONE ORBIS』となって初めて“お客様に価値を届けることができる”。ぜひそれを覚えてもらいたいと思います」

 

「2つ目は、“徹底的にお客様視点をもつ”ということです。 オルビスというブランドの目的は“顧客価値の創出”です。ブランド評価をはじめとした“オルビスの価値”とは全てお客様が決めることだと思ってください。データや数字の先に、一人ひとりのお客様がいることに想像力を働かせて行動すること。そして徹底的にお客様視点をもつために、お客様の解像度を上げることが非常に重要です。

BAのみなさんは毎日お客様に接することで感じられることがあると思いますし、本社社員のみなさんも、イベントや社内のコールセンターなど、お客様と直接話せる場がオルビスにはたくさんあります。自分なりに想像力を働かせて行動して、“お客様解像度”を上げていってもらえればと思います」

新入社員はみな、真剣な眼差しで、時にうなずきながら小林の話に耳を傾けていました。

 

働く場所や役割が違っても“ゴール”は一緒

小林のメッセージに続き、BAとして入社後、本社転換を経て、“ビューティークリエイター”として美容コンテンツの作成やイベントの登壇を中心に活躍する樋口 祐紀より歓迎メッセージが送られます。

樋口からは担うミッションや役割が変わっても、“お客様の笑顔とありがとうの言葉”が原動力であるという変わらぬ想いが語られました。

「BAとして勤務していたとき、“メイクが苦手な母にアイカラーを選んで欲しい”と妊婦のお客様がお母様と一緒にご来店されたことがありました。使い方や商品選びのサポートをさせていただいたら、お母様にとても喜んでいただけて。親子でオルビスを愛用いただけているのも嬉しく、とても印象に残っていたんです。

その後、私は別の店舗に異動になってしまったので、もうお会いできないのかな、なんて思っていたんです。そうしたら、そのお客様が、たまたま異動先のお店にベビーカーを押してお買い物にきてくださいました。声をお掛けしたら“あの時は接客してくれてありがとう!お腹にいた子どもが生まれたのよ”と笑顔でお話してくださいました。

覚えていただけていたことも、次の世代であるお子様を連れてご来店いただけたことも、本当に嬉しくて。胸が熱くなった出来事でした」

「現在私は、ビューティークリエイターとして本社で勤務していますが、働く場所や役割が変わっても、オルビスというブランド、そして商品を通じて、お客様の人生に深く長く関わらせていただいているということは変わらず日々感じられていて、それがやりがいに繋がっています。

働く場所や役割が違っても“ゴール”は一緒です。オルビスは、お客様も働く社員も本当にあたたかい方ばかりです。壁にぶつかったときに、必ず見ていてくれる人、手を差し伸べてくれる人がいます。自分を信じて仕事を思う存分楽しんでください」

樋口からのリアルな体験談と激励の言葉を受け、新入社員たちは、目を輝かせながら何度も頷く姿が見られました。

続いて、各部署からの歓迎メッセージとして、入社への感謝が綴られたビデオレターが流れ、オルビスをともに創る仲間として、新入社員も先輩社員も、気持ちをひとつに『ONE ORBIS』を実感するひとときを過ごしました。

 

新たな仲間と踏み出すオルビスの一歩

歓迎メッセージに会場があたたかな雰囲気に包まれる中、新入社員一人ひとりへの活躍に期待を込めて、『ONE ORBIS』を表現したサプライズギフトであるオリジナルデザインのタンブラーが先輩社員から贈られました。新入社員からは満面の笑顔が溢れるとともに、胸が熱くなり、涙を浮かべる場面も見られました。

 

オルビスで叶えたい想いとは

最後に、新入社員を代表して伊藤 詩乃さんが、オルビスへの入社を決意した理由とともに、今後のビジョンについて想いを語ります。

「私は、多様な美しさが尊重され、より多くの人が自分に自信を持ってありのままに生きられる社会であって欲しいと願っています。これは学生時代、ミスコンの運営に携わったことがきっかけです。 外見的な美でのみ評価する方針に疑問を持ち、よりその人らしい美しさや個性を表現する新しいコンテストを企画運営しました。その際、“多様な美しさがあることを肯定してもらえて、自分に自信が持てた”という声をもらって、もっと多くの人がそう思える社会を実現したいと希望を持つようになりました」

「そして出会ったのがオルビスです。『スマートエイジング®』という考え方に共感し、ここであれば自分のビジョンが実現できるという強い確信のもと入社を決意しました。オルビスの掲げるミッションが一人でも多くの方の美しさや幸せに繋がるよう、私らしく頑張ります

伊藤さんからの頼もしい言葉に、会場からはこれまでで一番大きな拍手が沸き起こりました。

その後は役員も交えた懇親会を開催。 先輩社員との交流に最初は緊張する様子が見られた新入社員でしたが、先輩社員から入社を心待ちにしていた様子が伝えられると、たくさんの質問や笑顔が飛び交うようになりました。お互いのことを知り、親睦を深めるひとときを過ごした後、入社式は閉会となりました。

入社式を通じて、働く場所や仕事の内容が異なっても、『ONE ORBIS』として目指す姿は一緒だと気持ちをひとつにした社員一同。 新しい仲間たちを迎え、改めて一人ひとりの個性と強みを発揮し、バトンをつなぎながら、よりお客様から選ばれるブランドに進化させていきます。

 

取材・文:仁尾明美

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

オルビスでは現在、一緒に働く仲間を募集しています。少しでも興味をお持ちいただいた方は、ぜひこちらからご連絡ください。

皆様のご応募、お待ちしております!

※本記事内容は、公開日(2024年4月18日)時点の情報に基づきます。

 

PROJECT back number

vol.1
2024.05.14

新しい行動指針「オルビススタイル」が誕生。今、改めて“お客様視点”を明言する理由とは?

vol.2
2024.04.26

「好き」に触れて、追求して、自分を表現する

vol.4
2024.04.12

【代表小林 トップインタビュー】構造改革を経て、目指すのは「素肌ウェルネス」の追求(後編)

vol.5
2024.04.12

【代表小林 トップインタビュー】5年間のリブランディングによる構造改革で生み出した成果とオルビスの現在地、そしてこれから(前編)

vol.6
2024.03.19

プロダクトが持つ気配もデザインできるように

vol.7
2024.02.19

広告代理店、事業会社のどちらを選択するか。マーケターを目指した学生の就職活動体験記

vol.8
2024.02.15

2024年のオルビスが目指すもの。全社総会『ONE ORBIS FORUM 2023 WINTER』で語られた、「お客様視点」の重要性とは

vol.9
2024.01.26

BtoB事業躍進の背景を語る。オルビスが目指す「お客様との新たな接点づくり」とは

vol.10
2023.12.25

「ONE ORBISで、ともに前へ。」いま改めて振り返る、内定式で語られた、オルビスの揺るがない軸と目指す姿

vol.11
2023.12.08

「自分らしさ」を活かした接客スタイルを実現。業界未経験のBAが感じる、オルビスで働くやりがいと成長実感

vol.12
2023.11.30

化粧品業界は自分にとって「最も遠い業界」だから面白い。若手マーケターが成長を実感できる、オルビス独自の環境とは

vol.13
2023.11.21

オルビスの“組織戦闘力”を上げる。HR領域で組織開発グループが手掛ける、社内から始まる価値創造

vol.14
2023.09.29

コンテンツ制作を起点に「ブランド価値」を守りつつ「売上」をつくる。コミュニケーション企画の面白さとやりがい

vol.15
2023.09.25

リブランディングからの実りを全社で実感「ONE ORBIS FORUM 2023 SUMMER」で語られた更なるブランド成長への想い

vol.16
2023.09.11

「クリーンビューティ」への新たな挑戦。他社を経験した商品企画スペシャリストが実現したいこと

vol.17
2023.09.05

販売好調、オルビス最高峰のエイジングケアシリーズ『オルビスユー ドットシリーズ』リニューアルの葛藤と挑戦

vol.18
2023.08.10

ベスコス獲得やSNS拡散はなぜ必要か。ブランド力を育てるPR・ファネル戦略グループが、新体制で目指すこと

vol.19
2023.07.12

オルビス全社表彰イベントのベストパフォーマーに聞く。一人ひとりが追求する「お客様起点」の考え方とアクション

vol.20
2023.06.14

ブランドの共感者とともに、オルビスの未来を創る。新たなオウンドメディア 「ORBIS IS 」が目指すこととは

vol.21
2023.05.09

リブランディングから5年。変化を経て見えたオルビスの価値と「さらなる進化」に向けた3つの課題

vol.22
2023.05.08

里山再生に10年。 人と自然の共生を目指す、オルビスの森づくりとは

vol.23
2023.04.25

お客様の“顔”が見える環境で、マーケターとしてのスキルを磨く。「定量×定性」で深めるオルビスのCRM

vol.24
2023.03.16

提供価値「スマートエイジング®」への共感を軸に自走する組織へ。挑戦を続けるチームづくりに必要なリーダーシップとは

vol.25
2023.03.16

オルビスらしいマーケティングの本質とは? 代表の小林と考える、「クリアフル」のリブランディングから見えたこと

vol.26
2022.12.20

“自信のなさ”をバネに挑戦し続ける、「ORBIS Mr.」のリーダーが世の中に届けたいメッセージ

vol.27
2022.12.07

成長を求め広告代理店から転職。オルビスだからできる“深さ”を追求するマーケティングの面白さ

vol.28
2022.11.30

オルビスがアプリ内新サービス『肌カ.ル.テ』で目指す、「深く・長い」お客様との関係づくりとは

vol.29
2022.11.24

お客様に寄り添い、自分らしく働ける。転職して実感した、オルビスのBAとして働く魅力とは

vol.30
2022.11.18

オルビスが週2日出社の「ハイブリッドワーク」を導入した背景、狙いとは?

vol.31
2022.10.20

お客様への価値提供を考え抜き、ブランドとして進化し続ける。オルビス商品企画の面白さとやりがい

vol.32
2022.07.28

2021年新卒入社のリアルな声。入社1年を経た「今」、私たちが感じていること

vol.33
2022.07.20

オルビスが掲げるビジョンの実現に向けて、最も貢献したメンバー、プロジェクトとは?年に1度の全社表彰イベント『ONE ORBIS AWARD 2022』の全貌をお届けします!

vol.34
2022.06.30

“日本一のマーケター”を目指す学生が辿り着いた先が、オルビスだった話

vol.35
2022.06.09

「スマートエイジング(R)」はビューティーだけではない。 2029年の成長ブースター創出のための苦労と未来への兆し(後編)

vol.36
2022.06.09

ビジョンを体現するサイト「Portal to the Future」の真の狙いとは。 新規事業の立ち上げから考える、オルビスが目指す未来(前編)

vol.37
2022.04.28

他社でキャリアを重ねた3者は、なぜオルビスへ? 中途社員が組織や働き方について本音で語ります

vol.38
2022.04.04

「小林の部屋」を覗いてみたら、そこは会社のトップと社員がフラットに想いを伝え合う場でした。

vol.39
2022.03.29

【トップインタビュー】デジタルとリアルの融合、顧客起点でのDX推進で新たなブランド価値の創出へ

vol.40
2022.03.02

優勝チームを発表!オルビスの長期インターンで1位に輝いた新規事業とは?(後編)

vol.41
2022.03.02

12名の学生と描く未来。オルビスが新規事業開発の長期インターンを実施!(前編)

vol.42
2022.02.15

入社2年目にして販売戦略を先導するMDに。年次にかかわらず挑戦できるオルビスの成長環境とは

vol.43
2022.01.18

累計約1,000名の社員が参加した社内アカデミー「ORBIS LAB」の開催事例をご紹介します!(後編)

vol.44
2022.01.17

多様な個の掛け算、学び合いが社員の成長を加速させる。「ORBIS LAB」運営メンバーに徹底インタビューしました! (前編)

vol.45
2022.01.13

2022年も、「ONE ORBIS」で最高のスタート。『KICK OFF MEETING 2022』を開催しました!

vol.46
2021.12.22

「ONE ORBIS」で駆け抜けた1年、そして未来へ。『ONE ORBIS FORUM 2021 WINTER』の全貌をお届けします!

vol.47
2021.12.08

オルビスとお客様を繋ぐ「虹」、ビスタが主役の3日間。『BISTA WEEK 2021』に密着しました!

vol.48
2021.12.03

一人ひとりの行動の積み重ねが会社のカルチャーを作る。「未来志向×オープンマインド」を醸成した3年間

vol.49
2021.12.01

ビューティ領域にとどまらない新規事業への挑戦。オルビスの未来をゼロイチで創造するリーダーの想い

vol.50
2021.11.25

「柔軟性とスピード感の両立」。大手化粧品メーカーから転職して1年、肌で感じたオルビスの強みとは

vol.51
2021.11.15

2018年からの3年を振り返る、リブランディングのこれまでとオルビスの未来とは

vol.52
2021.09.21

パーソナライズにサラダ販売。多角的な取り組みを牽引する、新規事業開発グループが目指す未来

vol.53
2021.08.19

部署も役職も超えて「ONE ORBIS」でお客様への価値提供を考える一日。全社総会『ONE ORBIS FORUM 2021 SUMMER』をレポートします!

vol.54
2021.06.14

風土と制度を両輪で変える。「変革エージェント」として組織改革を支えた、HRの進化

vol.55
2021.06.04

2度の産休を経て、さらに“自分らしく”。オルビスのフラットな風土で活躍する女性マネージャーの働き方

vol.56
2021.05.10

「その人そのものの良さを解放したい。」メンズ化粧品ブランド「Mr.」タスクフォースを立ち上げた新卒11年目社員の想いとは

vol.57
2021.05.10

マーケコンサル会社とスタートアップを経てオルビスへ。オルビスだからできること、そして実現したい未来とは

vol.58
2021.04.13

障がいに関わらず、専門性を高めていけるオルビスで、成長し続けたい

vol.59
2021.03.23

「ビューティーアドバイザーの数だけお客様に喜んでいただけるような魅力を持っている」ビューティーアドバイザー・チーフを経験したスーパーバイザーの想いとは

vol.60
2021.03.14

入社3年目で社長に直談判。新規プロジェクトを立ち上げたリーダーが語る、オルビスで働く面白さ

Related article

2024.05.14

新しい行動指針「オルビススタイル」が誕生。今、改めて“お客様視点”を明言する理由とは?

2024.04.26

「好き」に触れて、追求して、自分を表現する

2024.04.12

【代表小林 トップインタビュー】構造改革を経て、目指すのは「素肌ウェルネス」の追求(後編)