2022.4.4

「小林の部屋」を覗いてみたら、そこは会社のトップと社員がフラットに想いを伝え合う場でした。

PROJECT

JOB&CULTURE

 ORBIS

こんにちは。オルビス公式ブログ担当の土井山です。

今回は、代表の小林が定期的に開催している「小林の部屋」についてご紹介します。

「社員と近い距離で現場の状況を知りたい」という小林の想いから始まったこの取り組み。毎回、多くの社員が参加しています。記事内では、実際に「小林の部屋」に参加した社員にもインタビューしました。この「小林の部屋」の全貌、小林自身の狙いとは?そして、実際に参加した社員の感想とその後の組織にもたらされた変化とは?

それぞれの想いを、ぜひご一読ください。

 

役職やキャリアに関係なく会社のトップと話せる、「小林の部屋」とは?

「小林の部屋」は、代表の小林に直接アポを取って話すことができる、社内1on1の取り組みです。

参加する際には上司に報告しなくてもよいという前提のもと、ルールは2つだけ。「オルビスを進化・成長させたい!」という強い気持ちがあること、そして自分がオルビスの未来を創るという「自分ゴト化」の視点を持っていること。それらを兼ね備えた社員であれば、個々のキャリアや役職に関係なく誰でも参加することができます。

「小林の部屋」に込められた想いについて、代表の小林に聞きました。

——「小林の部屋」を行うことになった背景を教えてください。

2018年の社長就任と同時に組織改革を行うなかで、改革に取り組む目的や背景、想いを自分の言葉で伝えるため、社内コミュニケーション施策の一つとして始めたのが「小林の部屋」です。

全社に向けて発信する際には、全体を見渡す社長としての立場、時間軸で話しています。ですので、社員一人ひとりの担当業務や影響範囲が異なれば、社長が発信するメッセージの受け取り方も人それぞれ違うと思います。

「小林の部屋」では、話す内容も自由で、業務の話でなくてもいいんです。多様な個性を持つ社員一人ひとりとフラットに向き合うことで、日々の業績などの表に現れる情報からは見えない、裏側のストーリーや想いに触れたいと考え、定期的に実施しています。

 

——社員との1on1をきっかけに変化したことはありますか。

昨年末に開催した「小林の部屋」では、ある社員と「リモートワーク中心の働き方が続くなかでも組織のパフォーマンスを高めていくためには、トランザクティブメモリー(誰が何を知っているか)を高める必要がある」という話をしました。その話をしているなかで、社員に提案されたのが、社内のチャットツール「Slack」のアイコンを顔写真にしよう、という取り組みです。

オルビスでは全社的なコミュニケーションツールとして、Slackを導入しています。これまではSlackアイコンは自由で、たとえばペットの写真やイラストなど、必ずしも自身の顔写真ではない社員も多かったんです。しかしながら、オンラインのコミュニケーションが中心になっているなか、少しでも"社員一人ひとりの顔やキャラクターが分かる"という親近感を作ることが、コミュニケーションの活性化、さらには組織の生産性向上に繋がると考え、さっそく全社員に協力してもらいました。

Slackアイコンの顔写真化から2か月ほど経ちましたが、やはり「この人(社員)が話しているんだな」と顔が分かるのは、社員同士の相互理解の観点からも有効だと思っています。

 

——「小林の部屋」を社員にどのように活用してもらいたいと考えていますか。

「小林の部屋」を通じて得られた新しい視点や気づきが、一人ひとりの実行力の加速に繋がっていればうれしいです。僕に伝えたいことや相談したいことがある社員は、ぜひ肩の力を抜いて気軽に参加してほしいと思っています。

「小林の部屋」をきっかけに変化したこととは。参加社員に聞きました!

続いて「未来志向×オープンマインド」な行動を発揮して「小林の部屋」に参加した社員に、私、土井山がインタビューしてきました。本来であれば、参加者やここで話した内容は完全非公開なのですが…特別に教えてもらいました!

 

今回、話を聞いた石田さん、間中さんの2人は、入社から1年経たずして「小林の部屋」に参加。小林との1on1をきっかけに、自身の仕事に対するマインドや行動も変化したようです。

遠い存在だった"社長"像が一変、フラットで近い存在に

Profile

石田 桜(Ishida Sakura)

2021年新卒入社、メディア戦略部 AD・リテンション戦略グループ所属。

——どのようなきっかけで「小林の部屋」に参加したのでしょうか。

リモートワークが中心のなか入社したこともあり、小林さん(オルビスは"社長"などの役職ではなく名前で呼ぶカルチャーです)と直接話すことのできる機会をぜひ活用したいと思い、参加しました。はじめは「新卒1年目でも参加してよいのだろうか」と躊躇していたのですが、過去に「小林の部屋」に参加したことのある先輩から「キャリアを問わず、気軽に参加して大丈夫!」と背中を押してもらったのが行動のきっかけになりました。

 

——「小林の部屋」に参加して、変化したことがあれば教えてください。

想像以上にフラットで、「社長=遠い存在」という漠然としたイメージが覆されました。自分のアウトプットがブランドに貢献できているのか再確認できましたし、今後の価値創造にどのように繋がっていくのかといった、これまで意識できていなかった視点を取り入れることができました

さらに、0→1のアウトプットを生み出すための着想のヒントを得られたことも大きな学びとなりました。新たなチャレンジの種は日々仕事に取り組むなかで生まれることも多々あると思うので、ブレストミーティングなどを活用しながら、新価値創造に繋がる機会を意識的に増やしていきたいと思います。

また、社長としてではなく"1人の社会人"として、趣味やプライベートの面でも小林さんを知ることができたのも嬉しかったです!

「小林の部屋」で背中を押され、アイディア段階の企画が動き始めた

Profile

間中 優也(Manaka Yuya)

2021年中途入社、CRM統括部 コミュニケーション推進グループ所属。

———どのようなきっかけで「小林の部屋」に参加したのでしょうか。

検討段階の企画について、ぜひ小林さんの目線で意見を聞きたいと思い、アイディアの壁打ちのために参加しました。また、これまではオンラインでしか話したことがなかったので、小林さんの人となりを知りたいという好奇心もありました。

——「小林の部屋」に参加して、変化したことがあれば教えてください。

自分の考え方をアップデートできる機会になり、価値観が変わった実感があります。フラットに相談できる「小林の部屋」を通じて、社長という存在に対して自分自身が壁を作っていたことに気づきました。小林さんに直接壁打ちをしたことで、ぼんやりと考えていたことが間違っていないんだという確信に変わり、今では社員を巻き込んでアイディア段階だった企画を具体化させることができています

今後も、オルビスの未来に繋がることは前例にとらわれず積極的にチャレンジしていきたいと思います。

 

社員一人ひとりの個性や価値観に向き合いたい」という小林の想いから始まった「小林の部屋」は、オルビスの未来を創る社員のさまざまな想いを引き出し、実行力を高めています。「未来志向×オープンマインド」で小林とフラットに話すことのできるこの場が、ブランドの進化にも繋がっていることが分かりました。

実は、私、土井山も石田さんと同じ21卒社員として昨年入社し、今回はじめて「小林の部屋」に参加した社員の1人です。経営トップとの距離が近く相談できる機会が多いことも、オルビスの働きやすい風土を形成しているのだとあらためて実感しました!

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

オルビスでは現在、一緒に働く仲間を募集しています。少しでも興味をお持ちいただいた方は、ぜひこちらからご連絡ください。

 

※本記事内容は、公開日(2022年4月4日)時点の情報に基づきます。


Profile

土井山 幸香(Doiyama Yukika)

2021年新卒入社、HR統括部 広報グループ所属。 広報担当として、オルビス公式ブログの編集、公式SNSアカウントの運用を行う。2022年より、サステナビリティ活動を推進するプロジェクトも兼務している。

PROJECT back number

vol.1
2024.06.13

オルビス独自のCX戦略とは。アプリコア戦略、顧客起点の追求で導き出した、お客様の「当たり前」に答える重要性

vol.2
2024.05.29

笑顔で、自分がなりたい自分でいること

vol.3
2024.05.28

全社表彰イベント『ONE ORBIS AWARD 2024』 今年最も『顧客価値』を創出したチームの「強さ」に迫る【後編】

vol.4
2024.05.28

全社表彰イベント『ONE ORBIS AWARD 2024』パフォーマー部門受賞者8名が語る オルビスへの想いとは【前編】

vol.5
2024.05.14

新しい行動指針「オルビススタイル」が誕生。今、改めて“お客様視点”を明言する理由とは?

vol.6
2024.04.26

「好き」に触れて、追求して、自分を表現する

vol.7
2024.04.18

働く場所や仕事の内容が異なっても、『ONE ORBIS』として目指す姿は同じ。全社で気持ちをひとつにして臨んだ2024年入社式への想いとは

vol.8
2024.04.12

【代表小林 トップインタビュー】構造改革を経て、目指すのは「素肌ウェルネス」の追求(後編)

vol.9
2024.04.12

【代表小林 トップインタビュー】5年間のリブランディングによる構造改革で生み出した成果とオルビスの現在地、そしてこれから(前編)

vol.10
2024.03.19

プロダクトが持つ気配もデザインできるように

vol.11
2024.02.19

広告代理店、事業会社のどちらを選択するか。マーケターを目指した学生の就職活動体験記

vol.12
2024.02.15

2024年のオルビスが目指すもの。全社総会『ONE ORBIS FORUM 2023 WINTER』で語られた、「お客様視点」の重要性とは

vol.13
2024.01.26

BtoB事業躍進の背景を語る。オルビスが目指す「お客様との新たな接点づくり」とは

vol.14
2023.12.25

「ONE ORBISで、ともに前へ。」いま改めて振り返る、内定式で語られた、オルビスの揺るがない軸と目指す姿

vol.15
2023.12.08

「自分らしさ」を活かした接客スタイルを実現。業界未経験のBAが感じる、オルビスで働くやりがいと成長実感

vol.16
2023.11.30

化粧品業界は自分にとって「最も遠い業界」だから面白い。若手マーケターが成長を実感できる、オルビス独自の環境とは

vol.17
2023.11.21

オルビスの“組織戦闘力”を上げる。HR領域で組織開発グループが手掛ける、社内から始まる価値創造

vol.18
2023.09.29

コンテンツ制作を起点に「ブランド価値」を守りつつ「売上」をつくる。コミュニケーション企画の面白さとやりがい

vol.19
2023.09.25

リブランディングからの実りを全社で実感「ONE ORBIS FORUM 2023 SUMMER」で語られた更なるブランド成長への想い

vol.20
2023.09.11

「クリーンビューティ」への新たな挑戦。他社を経験した商品企画スペシャリストが実現したいこと

vol.21
2023.09.05

販売好調、オルビス最高峰のエイジングケアシリーズ『オルビスユー ドットシリーズ』リニューアルの葛藤と挑戦

vol.22
2023.08.10

ベスコス獲得やSNS拡散はなぜ必要か。ブランド力を育てるPR・ファネル戦略グループが、新体制で目指すこと

vol.23
2023.07.12

オルビス全社表彰イベントのベストパフォーマーに聞く。一人ひとりが追求する「お客様起点」の考え方とアクション

vol.24
2023.06.14

ブランドの共感者とともに、オルビスの未来を創る。新たなオウンドメディア 「ORBIS IS 」が目指すこととは

vol.25
2023.05.09

リブランディングから5年。変化を経て見えたオルビスの価値と「さらなる進化」に向けた3つの課題

vol.26
2023.05.08

里山再生に10年。 人と自然の共生を目指す、オルビスの森づくりとは

vol.27
2023.04.25

お客様の“顔”が見える環境で、マーケターとしてのスキルを磨く。「定量×定性」で深めるオルビスのCRM

vol.28
2023.03.16

提供価値「スマートエイジング®」への共感を軸に自走する組織へ。挑戦を続けるチームづくりに必要なリーダーシップとは

vol.29
2023.03.16

オルビスらしいマーケティングの本質とは? 代表の小林と考える、「クリアフル」のリブランディングから見えたこと

vol.30
2022.12.20

“自信のなさ”をバネに挑戦し続ける、「ORBIS Mr.」のリーダーが世の中に届けたいメッセージ

vol.31
2022.12.07

成長を求め広告代理店から転職。オルビスだからできる“深さ”を追求するマーケティングの面白さ

vol.32
2022.11.30

オルビスがアプリ内新サービス『肌カ.ル.テ』で目指す、「深く・長い」お客様との関係づくりとは

vol.33
2022.11.24

お客様に寄り添い、自分らしく働ける。転職して実感した、オルビスのBAとして働く魅力とは

vol.34
2022.11.18

オルビスが週2日出社の「ハイブリッドワーク」を導入した背景、狙いとは?

vol.35
2022.10.20

お客様への価値提供を考え抜き、ブランドとして進化し続ける。オルビス商品企画の面白さとやりがい

vol.36
2022.07.28

2021年新卒入社のリアルな声。入社1年を経た「今」、私たちが感じていること

vol.37
2022.07.20

オルビスが掲げるビジョンの実現に向けて、最も貢献したメンバー、プロジェクトとは?年に1度の全社表彰イベント『ONE ORBIS AWARD 2022』の全貌をお届けします!

vol.38
2022.06.30

“日本一のマーケター”を目指す学生が辿り着いた先が、オルビスだった話

vol.39
2022.06.09

「スマートエイジング(R)」はビューティーだけではない。 2029年の成長ブースター創出のための苦労と未来への兆し(後編)

vol.40
2022.06.09

ビジョンを体現するサイト「Portal to the Future」の真の狙いとは。 新規事業の立ち上げから考える、オルビスが目指す未来(前編)

vol.41
2022.04.28

他社でキャリアを重ねた3者は、なぜオルビスへ? 中途社員が組織や働き方について本音で語ります

vol.43
2022.03.29

【トップインタビュー】デジタルとリアルの融合、顧客起点でのDX推進で新たなブランド価値の創出へ

vol.44
2022.03.02

優勝チームを発表!オルビスの長期インターンで1位に輝いた新規事業とは?(後編)

vol.45
2022.03.02

12名の学生と描く未来。オルビスが新規事業開発の長期インターンを実施!(前編)

vol.46
2022.02.15

入社2年目にして販売戦略を先導するMDに。年次にかかわらず挑戦できるオルビスの成長環境とは

vol.47
2022.01.18

累計約1,000名の社員が参加した社内アカデミー「ORBIS LAB」の開催事例をご紹介します!(後編)

vol.48
2022.01.17

多様な個の掛け算、学び合いが社員の成長を加速させる。「ORBIS LAB」運営メンバーに徹底インタビューしました! (前編)

vol.49
2022.01.13

2022年も、「ONE ORBIS」で最高のスタート。『KICK OFF MEETING 2022』を開催しました!

vol.50
2021.12.22

「ONE ORBIS」で駆け抜けた1年、そして未来へ。『ONE ORBIS FORUM 2021 WINTER』の全貌をお届けします!

vol.51
2021.12.08

オルビスとお客様を繋ぐ「虹」、ビスタが主役の3日間。『BISTA WEEK 2021』に密着しました!

vol.52
2021.12.03

一人ひとりの行動の積み重ねが会社のカルチャーを作る。「未来志向×オープンマインド」を醸成した3年間

vol.53
2021.12.01

ビューティ領域にとどまらない新規事業への挑戦。オルビスの未来をゼロイチで創造するリーダーの想い

vol.54
2021.11.25

「柔軟性とスピード感の両立」。大手化粧品メーカーから転職して1年、肌で感じたオルビスの強みとは

vol.55
2021.11.15

2018年からの3年を振り返る、リブランディングのこれまでとオルビスの未来とは

vol.56
2021.09.21

パーソナライズにサラダ販売。多角的な取り組みを牽引する、新規事業開発グループが目指す未来

vol.57
2021.08.19

部署も役職も超えて「ONE ORBIS」でお客様への価値提供を考える一日。全社総会『ONE ORBIS FORUM 2021 SUMMER』をレポートします!

vol.58
2021.06.14

風土と制度を両輪で変える。「変革エージェント」として組織改革を支えた、HRの進化

vol.59
2021.06.04

2度の産休を経て、さらに“自分らしく”。オルビスのフラットな風土で活躍する女性マネージャーの働き方

vol.60
2021.05.10

「その人そのものの良さを解放したい。」メンズ化粧品ブランド「Mr.」タスクフォースを立ち上げた新卒11年目社員の想いとは

vol.61
2021.05.10

マーケコンサル会社とスタートアップを経てオルビスへ。オルビスだからできること、そして実現したい未来とは

vol.62
2021.04.13

障がいに関わらず、専門性を高めていけるオルビスで、成長し続けたい

vol.63
2021.03.23

「ビューティーアドバイザーの数だけお客様に喜んでいただけるような魅力を持っている」ビューティーアドバイザー・チーフを経験したスーパーバイザーの想いとは

vol.64
2021.03.14

入社3年目で社長に直談判。新規プロジェクトを立ち上げたリーダーが語る、オルビスで働く面白さ

Related article

2022.11.18

オルビスが週2日出社の「ハイブリッドワーク」を導入した背景、狙いとは?

2022.07.20

オルビスが掲げるビジョンの実現に向けて、最も貢献したメンバー、プロジェクトとは?年に1度の全社表彰イベント『ONE ORBIS AWARD 2022』の全貌をお届けします!

2022.01.18

累計約1,000名の社員が参加した社内アカデミー「ORBIS LAB」の開催事例をご紹介します!(後編)