2022.11.18

オルビスが週2日出社の「ハイブリッドワーク」を導入した背景、狙いとは?

PROJECT

JOB&CULTURE

 ORBIS

こんにちは。オルビス公式ブログ担当の土井山です。

オルビスでは、新たなチャレンジが連続的に生まれやすい「未来志向×オープンマインド」なカルチャーの加速を目指して、オフィス出社とリモートワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」を導入しています。そして、社員一人ひとりが最大のパフォーマンスを発揮できる働き方の実現に向けて決めた具体的方針が、週2日をオフィス出社、残り3日間はオンライン・オフラインの働き方をフレキシブルに選択できる新しいワークスタイルです。

2022年よりスタートしたこの取り組みの大きな特長の一つは、出社日のうち1日(火曜日)を「ONE ORBIS DAY(OOD)」として、本社社員の全員がオフィスで働く日を設定したことにあります。

今回の記事では、経営ボードが何度も議論を重ねて新方針の導入に至った背景、週1日を「OOD」と定めた理由など、オルビスのハイブリッドワークについて役員3名に聞きました。

ぜひご一読ください。

 

ハイブリッドワーク導入の裏側について、役員3名にインタビューしました

リモートワークを実施して明らかになった、メリットと課題

 

コロナ禍以降、オルビスの本社社員はリモートワークが中心の働き方に移行しましたが、どのような変化や課題がありますか?

元木:コロナの状況からリモートワーク中心の働き方に移行したことで、個人やグループ単位で行う業務においては円滑に遂行することができています。一方、ビューティーブランドとして情緒的価値でお客様の心を掴むような企画を立案・進行していくなかでは、オンラインよりもオフラインのコミュニケーションの方が効率的であり、生産性も高まると実感しています。

これは私の息子を見ていて思ったことですが…(笑)。インプット型の勉強はオンライン授業で十分完結することができている一方、部活動でも同様の方法で勝てるチームを作れるかというと、オンラインのコミュニケーションでは一体感を醸成するのに限界があります。ゼロから1を生み出すには、ノンバーバルを含むリアルなコミュニケーションも大事だと気づかされました。

西野:2020年4月に最初の緊急事態宣言が発令されて、いきなりほぼリモートワークを強いられる状態になりましたよね。その時にまず驚いたのが、カタログ(オルビスマガジン)の色見チェックや開発商品のサンプル確認など、これまで当たり前のようにオフィス出社で行っていた数々の業務を、出社制限がありながらも手段を変えて引き続き遂行できていたこと。これは社員の変化対応力の高さゆえであり、本当に素晴らしいことだと思っています。

一方で、元木さんが言う通り"これまで通りに業務を遂行する"だけでは、新しい価値が生まれづらくなるだろうという課題に対して、新しいブランド体験を創出し続ける"勝てる組織"にしていくために何ができるかを経営陣で考え、社員にとってベストな働き方を議論してきました。

 

福島:オルビスは、肌が本来持つ力を引き出し、自分らしく、ここちよく年齢を重ねていこうという「スマートエイジング®」をお客様への提供価値としています。このフィロソフィーが軸にあるからこそ、コロナ禍においても社員一人ひとりが「お客様との繋がりを大切にし、この価値をお届けしたい」「オルビスに貢献したい」という想いを持ち続けているのだと思います。

とはいえ、強い想いがありながらも実際にはオンラインのコミュニケーションが続くと、全社で連動しながらお客様へ価値をお届けするためのつながりを感じにくいという課題も生じていると思います。自分自身の見える範囲が狭まり、全体の動きがイメージしづらくなったことで、社員一人ひとりが持つ多様な力を組織全体で活かせなくなってきているように感じています。

 

ーーコロナ禍で入社した社員についてはいかがでしょうか。

福島:新卒・中途を問わずさまざまな個性やバックグランドを持つ社員がオルビスへ入社し、入社後は早期戦力化を目指して一人ひとりに寄り添う独自のオンボーディングを実施しています。

コロナ禍を経て、(社内向け)事業戦略セミナーや各グループで行われる業務の引継ぎなどの体系的な情報はオンラインでも効率的にインプットすることができています。しかしながら、先ほど述べたことにもつながりますが、自身の所属するグループ以外の情報や社内の雰囲気など、会社全体の現状把握には時間がかかってしまう状況です。

 

西野:リアルなところで言うと、会社の廊下で社員とすれ違うことや同じエレベーターに乗り合わせる機会も減ってしまったことで、新入社員だけでなく私たち自身も横断的なコミュニケーションが生まれづらく、「誰が、何を知っているのか」という情報を把握しづらくなってしまいました。

 

元木:入社したばかりで分からないことの方が多いなか、会社にいれば、チャットで文字を打たなくても近くに座っているメンバーを頼ることができますよね。実際に、業務を習得して自走できるまでのオンボーディングをフルリモートで行う場合と、週1~2日は対面で行う場合とでは、後者の方がオルビスでの仕事や働く環境に慣れるまでのスピード感が圧倒的に速いことが分かりました。オンボーディングをする側、受ける側の双方にとって、分からないことを対面で解消できることの安心感もあると思います。

こうした背景から検討を重ねた結果、オンラインとオフラインの良さを掛け合わせた「ハイブリッドワーク」がオルビスのカルチャーにフィットしており、サステナブルに新しい価値を生み出すことのできる働き方ではないかということになりました。

関連記事

「一人ひとりの力を最大化する」ために。中途社員を早期戦力化へ導く、オルビスのオンボーディング

https://corp.orbis.co.jp/article/interview_on-boarding22/

”遂行する”だけではなく、新しい価値を生み出す、"勝てる組織"への挑戦

ーーオルビスの「ハイブリッドワーク」について、週2日をオフィス出社、そのうち1日を「ONE ORBIS DAY(通称:OOD)」として全員出社にしたのはなぜですか?

西野:私たちはお客様一人ひとりに寄り添い伴走し続けるブランドとして、個人やグループ単位だけで価値を生み出すには限界があると考えており、「ONE ORBIS」でブランド体験を最大化させることを大切にしています。

コロナ禍の影響拡大のなか、多くの社員に生じた働き方の変化にも、一人ひとりが柔軟に対応できたことで、リモートワークでも一定の成果を生み続けることができています。しかしながら、社員同士のトランザクティブメモリー*が低下し、特に私たちが重要視している部署の垣根を超えた連携が起こりづらくなっていたのも事実です。このトランザクティブメモリーを高めていく手段の1つとして、週1日を「ONE ORBIS DAY」とし、本社の全社員が出社して顔を合わせる日を設定しました。

*トランザクティブメモリー(Transactive Memory)

組織を構成するメンバーが同じ知識(What)を記憶するのではなく、「誰が何を知っているのか(Who Knows What)」という情報を把握することを重視する考え方のこと。

福島:OODでは本社社員全員が出社し、オフィスの至るところで顔を合わせての議論が生まれることで、オンライン会議では得られない会話のスピード感、言葉の背後にある想いや価値観をくみ取ることができますし、オルビスにジョインしてから日が浅いメンバーにとっても、OODを通してこれまで以上にオルビスの組織やビジネスの現状理解、社内の雰囲気を掴みやすくなると思います。

 

ーーハイブリッドワークの導入により、期待することはありますか?

福島:オフィス出社とリモートワーク、それぞれのメリットを上手く組み合わせて活用することで、「ONE ORBIS」で新しい価値創造が生まれていくことを期待しています。

私の管掌する管理系の部門においては、一見フルリモートで完結する個人作業が多いと思われるかもしれません。しかし実際には、事業を推進するパートナーとして最も広く他部門との接点があります。オルビスは企画から販売までを一貫して行うブランドだからこそ、オフィス出社とリモートワークという選択肢を設けて柔軟性のある働き方にすることで、各部署が連携しやすくなるような環境や風土を醸成していきたい。そして、全社員一人ひとりが最大限のパフォーマンスを発揮でき、組織としても活かせるような仕事ぶりに期待したいと思います。

もちろん、週2日オフィス出社という現在の働き方が最終の完成形ではないので、今後も一人ひとりが多様な個性を発揮することのできる、オルビスらしい働き方を目指してアップデートを続けていきます。

 

元木:オルビスは約250名の本社社員だけでなく、店舗のビューティーアドバイザー、コールセンターで活動するビスタさんを含む多くのメンバーで成り立っており、実際に日々出勤し現場でお客様に寄り添っています。

企画職の社員はハイブリッドな働き方にはなりますが、何か新しいことに取り組む際にはぜひ、リモートではなくリアルな現場を体感しながら、メンバーたち自身が「この企画、楽しそうだな」と感じてワクワクするような提案をしてほしいです。リアルな場では、同じ空気感のなかでアクティブに議論ができることがメリットだと思うので、マーケターとして成長していくためにも、そこを意識してほしいですね。

 

西野:対面でのコミュニケーションで感じる空気感やスピード感は、やはりリアルに勝るものはないと思います。オフィス出社とリモートワークのメリットを各自が考え、使い分けることで、「明日はOODだから、このタスクについては対面で確認しよう」など、日々の業務を戦略的にこなすこともできますよね。

オルビスの軸である「スマートエイジング®」の提供価値に立ち返りながら、シンプルに「お客様に最高のブランド体験をお届けするためには、何が最適か」ということを考え抜いて、ぜひハイブリッドワークを有効活用してほしいです。そして、今後も「ONE ORBIS」で新たな価値創造を目指す、オルビスらしい働き方に共感していただける方がジョインしてくれることを楽しみにしています。

 

いかがでしたか?

オルビスのハイブリッドワークには、「スマートエイジング®」の提供価値に基づき、社員一人ひとりが本来持つ力を多様に発揮し自分らしく働くことのできる環境を作りたい、という経営陣の想いが反映されていることが分かりました。

私(土井山)自身も、リモートワークが中心の働き方のなか入社した社員の1人です。オンライン・オフラインのメリットを存分に活用して、特に週1日のOODでは自らが社内の各フロアに足を運ぶことで生まれるコミュニケーションも大切にするなど、自分らしさを最大限に発揮できる働き方を模索していきたいと思います!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

オルビスでは現在、一緒に働く仲間を募集しています。少しでも興味をお持ちいただいた方は、ぜひこちらからご連絡ください。 皆様のご応募、お待ちしております!

※本記事の情報は、公開日(2022年11月18日)時点のものとなります。

 
Profile

土井山 幸香(Doiyama Yukika)

2021年新卒入社、HR統括部 広報グループ所属。 広報担当として、オルビス公式ブログの編集、公式SNSアカウントの運用を行う。2022年より、サステナビリティ活動を推進するプロジェクトも兼務している。

PROJECT back number

vol.1
2024.06.13

オルビス独自のCX戦略とは。アプリコア戦略、顧客起点の追求で導き出した、お客様の「当たり前」に答える重要性

vol.2
2024.05.29

笑顔で、自分がなりたい自分でいること

vol.3
2024.05.28

全社表彰イベント『ONE ORBIS AWARD 2024』 今年最も『顧客価値』を創出したチームの「強さ」に迫る【後編】

vol.4
2024.05.28

全社表彰イベント『ONE ORBIS AWARD 2024』パフォーマー部門受賞者8名が語る オルビスへの想いとは【前編】

vol.5
2024.05.14

新しい行動指針「オルビススタイル」が誕生。今、改めて“お客様視点”を明言する理由とは?

vol.6
2024.04.26

「好き」に触れて、追求して、自分を表現する

vol.7
2024.04.18

働く場所や仕事の内容が異なっても、『ONE ORBIS』として目指す姿は同じ。全社で気持ちをひとつにして臨んだ2024年入社式への想いとは

vol.8
2024.04.12

【代表小林 トップインタビュー】構造改革を経て、目指すのは「素肌ウェルネス」の追求(後編)

vol.9
2024.04.12

【代表小林 トップインタビュー】5年間のリブランディングによる構造改革で生み出した成果とオルビスの現在地、そしてこれから(前編)

vol.10
2024.03.19

プロダクトが持つ気配もデザインできるように

vol.11
2024.02.19

広告代理店、事業会社のどちらを選択するか。マーケターを目指した学生の就職活動体験記

vol.12
2024.02.15

2024年のオルビスが目指すもの。全社総会『ONE ORBIS FORUM 2023 WINTER』で語られた、「お客様視点」の重要性とは

vol.13
2024.01.26

BtoB事業躍進の背景を語る。オルビスが目指す「お客様との新たな接点づくり」とは

vol.14
2023.12.25

「ONE ORBISで、ともに前へ。」いま改めて振り返る、内定式で語られた、オルビスの揺るがない軸と目指す姿

vol.15
2023.12.08

「自分らしさ」を活かした接客スタイルを実現。業界未経験のBAが感じる、オルビスで働くやりがいと成長実感

vol.16
2023.11.30

化粧品業界は自分にとって「最も遠い業界」だから面白い。若手マーケターが成長を実感できる、オルビス独自の環境とは

vol.17
2023.11.21

オルビスの“組織戦闘力”を上げる。HR領域で組織開発グループが手掛ける、社内から始まる価値創造

vol.18
2023.09.29

コンテンツ制作を起点に「ブランド価値」を守りつつ「売上」をつくる。コミュニケーション企画の面白さとやりがい

vol.19
2023.09.25

リブランディングからの実りを全社で実感「ONE ORBIS FORUM 2023 SUMMER」で語られた更なるブランド成長への想い

vol.20
2023.09.11

「クリーンビューティ」への新たな挑戦。他社を経験した商品企画スペシャリストが実現したいこと

vol.21
2023.09.05

販売好調、オルビス最高峰のエイジングケアシリーズ『オルビスユー ドットシリーズ』リニューアルの葛藤と挑戦

vol.22
2023.08.10

ベスコス獲得やSNS拡散はなぜ必要か。ブランド力を育てるPR・ファネル戦略グループが、新体制で目指すこと

vol.23
2023.07.12

オルビス全社表彰イベントのベストパフォーマーに聞く。一人ひとりが追求する「お客様起点」の考え方とアクション

vol.24
2023.06.14

ブランドの共感者とともに、オルビスの未来を創る。新たなオウンドメディア 「ORBIS IS 」が目指すこととは

vol.25
2023.05.09

リブランディングから5年。変化を経て見えたオルビスの価値と「さらなる進化」に向けた3つの課題

vol.26
2023.05.08

里山再生に10年。 人と自然の共生を目指す、オルビスの森づくりとは

vol.27
2023.04.25

お客様の“顔”が見える環境で、マーケターとしてのスキルを磨く。「定量×定性」で深めるオルビスのCRM

vol.28
2023.03.16

提供価値「スマートエイジング®」への共感を軸に自走する組織へ。挑戦を続けるチームづくりに必要なリーダーシップとは

vol.29
2023.03.16

オルビスらしいマーケティングの本質とは? 代表の小林と考える、「クリアフル」のリブランディングから見えたこと

vol.30
2022.12.20

“自信のなさ”をバネに挑戦し続ける、「ORBIS Mr.」のリーダーが世の中に届けたいメッセージ

vol.31
2022.12.07

成長を求め広告代理店から転職。オルビスだからできる“深さ”を追求するマーケティングの面白さ

vol.32
2022.11.30

オルビスがアプリ内新サービス『肌カ.ル.テ』で目指す、「深く・長い」お客様との関係づくりとは

vol.33
2022.11.24

お客様に寄り添い、自分らしく働ける。転職して実感した、オルビスのBAとして働く魅力とは

vol.35
2022.10.20

お客様への価値提供を考え抜き、ブランドとして進化し続ける。オルビス商品企画の面白さとやりがい

vol.36
2022.07.28

2021年新卒入社のリアルな声。入社1年を経た「今」、私たちが感じていること

vol.37
2022.07.20

オルビスが掲げるビジョンの実現に向けて、最も貢献したメンバー、プロジェクトとは?年に1度の全社表彰イベント『ONE ORBIS AWARD 2022』の全貌をお届けします!

vol.38
2022.06.30

“日本一のマーケター”を目指す学生が辿り着いた先が、オルビスだった話

vol.39
2022.06.09

「スマートエイジング(R)」はビューティーだけではない。 2029年の成長ブースター創出のための苦労と未来への兆し(後編)

vol.40
2022.06.09

ビジョンを体現するサイト「Portal to the Future」の真の狙いとは。 新規事業の立ち上げから考える、オルビスが目指す未来(前編)

vol.41
2022.04.28

他社でキャリアを重ねた3者は、なぜオルビスへ? 中途社員が組織や働き方について本音で語ります

vol.42
2022.04.04

「小林の部屋」を覗いてみたら、そこは会社のトップと社員がフラットに想いを伝え合う場でした。

vol.43
2022.03.29

【トップインタビュー】デジタルとリアルの融合、顧客起点でのDX推進で新たなブランド価値の創出へ

vol.44
2022.03.02

優勝チームを発表!オルビスの長期インターンで1位に輝いた新規事業とは?(後編)

vol.45
2022.03.02

12名の学生と描く未来。オルビスが新規事業開発の長期インターンを実施!(前編)

vol.46
2022.02.15

入社2年目にして販売戦略を先導するMDに。年次にかかわらず挑戦できるオルビスの成長環境とは

vol.47
2022.01.18

累計約1,000名の社員が参加した社内アカデミー「ORBIS LAB」の開催事例をご紹介します!(後編)

vol.48
2022.01.17

多様な個の掛け算、学び合いが社員の成長を加速させる。「ORBIS LAB」運営メンバーに徹底インタビューしました! (前編)

vol.49
2022.01.13

2022年も、「ONE ORBIS」で最高のスタート。『KICK OFF MEETING 2022』を開催しました!

vol.50
2021.12.22

「ONE ORBIS」で駆け抜けた1年、そして未来へ。『ONE ORBIS FORUM 2021 WINTER』の全貌をお届けします!

vol.51
2021.12.08

オルビスとお客様を繋ぐ「虹」、ビスタが主役の3日間。『BISTA WEEK 2021』に密着しました!

vol.52
2021.12.03

一人ひとりの行動の積み重ねが会社のカルチャーを作る。「未来志向×オープンマインド」を醸成した3年間

vol.53
2021.12.01

ビューティ領域にとどまらない新規事業への挑戦。オルビスの未来をゼロイチで創造するリーダーの想い

vol.54
2021.11.25

「柔軟性とスピード感の両立」。大手化粧品メーカーから転職して1年、肌で感じたオルビスの強みとは

vol.55
2021.11.15

2018年からの3年を振り返る、リブランディングのこれまでとオルビスの未来とは

vol.56
2021.09.21

パーソナライズにサラダ販売。多角的な取り組みを牽引する、新規事業開発グループが目指す未来

vol.57
2021.08.19

部署も役職も超えて「ONE ORBIS」でお客様への価値提供を考える一日。全社総会『ONE ORBIS FORUM 2021 SUMMER』をレポートします!

vol.58
2021.06.14

風土と制度を両輪で変える。「変革エージェント」として組織改革を支えた、HRの進化

vol.59
2021.06.04

2度の産休を経て、さらに“自分らしく”。オルビスのフラットな風土で活躍する女性マネージャーの働き方

vol.60
2021.05.10

「その人そのものの良さを解放したい。」メンズ化粧品ブランド「Mr.」タスクフォースを立ち上げた新卒11年目社員の想いとは

vol.61
2021.05.10

マーケコンサル会社とスタートアップを経てオルビスへ。オルビスだからできること、そして実現したい未来とは

vol.62
2021.04.13

障がいに関わらず、専門性を高めていけるオルビスで、成長し続けたい

vol.63
2021.03.23

「ビューティーアドバイザーの数だけお客様に喜んでいただけるような魅力を持っている」ビューティーアドバイザー・チーフを経験したスーパーバイザーの想いとは

vol.64
2021.03.14

入社3年目で社長に直談判。新規プロジェクトを立ち上げたリーダーが語る、オルビスで働く面白さ

Related article

2024.06.13

オルビス独自のCX戦略とは。アプリコア戦略、顧客起点の追求で導き出した、お客様の「当たり前」に答える重要性

2024.05.29

笑顔で、自分がなりたい自分でいること

2024.05.28

全社表彰イベント『ONE ORBIS AWARD 2024』 今年最も『顧客価値』を創出したチームの「強さ」に迫る【後編】