2024.4.26

「好き」に触れて、追求して、自分を表現する

PROJECT

JOB&CULTURE

 ORBIS

一人ひとりが、自分らしくここちよく年齢を重ねていける初期エイジングケアシリーズ「オルビスユーシリーズ」。2014年に誕生して、今年で10周年を迎えます。開発に携わった社員たちのリアルな言葉で、“ここちを美しく”というブランドメッセージを紐解きながら、その歩みを振り返っていく連載の第二弾。

今回登場するのは、ブランドデザイン部で商品企画グループのマネジャーを務める馬場愛。仕事での葛藤や、日常で“ここちよさ”を感じる瞬間にも触れていきます。この記事で、「オルビスユーシリーズ」がより身近に感じていただけるようにという願いを込めて。

肌の変化への不安と、諦めたくない気持ちに共感した

――企画を任されたときの心境は?

リニューアルの企画が動き出したのは、発売時期の2年以上前からです。「オルビスユーシリーズ」(以下、「ユー」)はすでに多くのお客様から愛されていた一方、時代やお客様のニーズの変化に対して、もっとできることや届けられる価値があるのではないか、と思っていたんです。

そんななか、上司からリニューアルの話と、私に任せたいということを伝えてもらいました。「自分もいつかスキンケアの企画をしたい」と思っていたこともあり、夢がかなったような感覚でとても嬉しかったです。ただ、「ユー」はオルビスの象徴シリーズなので、ブランドへのインパクトが大きく、社内外で関わったり巻き込んだりする人もとても多いんです。やり切れるのかという不安は、正直大きかったですね。それもあって、上司に率直に「本当に私でいいんですか?」って相談しました(笑)。もちろん、不安ではあるけれどやり切りたいという思いはあるんです。どういう期待をしてもらっているのかも含めて、納得いくまで上司と話し合いを重ねたことを覚えています。

――「ユー」の企画で、印象的なことはありましたか?

企画をするなかで、グループインタビューを通じてお客様の声を聞く機会がありました。その場にいた同年代のお客様がみんな同じような悩みを抱えていて、「わかる!」ってお互いに共感しあっているのが印象的で。私もちょうどターゲット世代なので、痛いくらいお客様の悩んでいることが理解できました。30代って、肌もそうだし、人生も分岐点だったりしませんか?肌が変わってしまうことに対して諦めたくないし、言葉にできない不安がある。ライフスタイルも、キャリアを選ぶのか、家庭を選ぶのか……とか。仕事のやり方や向き合い方もちょっとずつ変わってきますよね。

そういった変化への不安や葛藤に対して、「諦めなくてもいいんだよ、大丈夫だよ」って伝えていきたいと感じたんです。「ユー」を使うことで、「自分の肌、まだいけるじゃん。もっときれいになれそう。」と信じられたらいいなと思っていて。人生、いろんな選択肢があって迷うことが多いかもしれない。そのときに肌を起点にして、前向きになれる後押しがしたいと思いました。

企画をするときは、ノートに書きだすことが多いという

「好き」と自分がつながる感覚

――「化粧品は人を前向きにできる」と信じているんですね。

私は、幼稚園くらいの頃から化粧品が好きで、母の目を盗んでドレッサーにあるリップやマスカラをつけているような子どもでした。かわいいものやきれいなものを見ると、とてもワクワクするんです。今でも、自分がちょっときれいになったかもと思えると、その日1日がハッピーになる。逆に肌の調子が悪かったり、メイクがうまくいかなかったりしたときは、あまり外に出たくなくなります。化粧品のパワーって、ただ肌をきれいにするだけではなくて、それ以上に“自己肯定感”を高められたり、自信をくれたりするものだなって思っています。

――日々、どんなときにここちよさを感じていますか?

自分の好きなものを追求するのが“ここちよい”と感じています。メイクもファッションも、「これ素敵、いいな」って思ったものをそのまま表現するのが好きで。いいなと思ったら、まず取り入れて実践するのは大事にしています。ヘアスタイルも、趣味が合う美容師さんと相談しながら、自分がかわいいと思うカラーにチャレンジするんです。うまくきまると、スキップして街を歩きたくなるくらいテンションが上がりますね(笑)。

気合いを入れるときに一点投入する、お気に入りのアクセサリー

あとは、自分の「好き」という感覚も大事にしていて。自分が自分らしくいるために、好きなものにどっぷりつかっています。映画を観たり美術館に行ったり、買い物をしたり。その時間は、思考が整理されるというか、クリアになっていく感覚があるんです。「私はなんでこれを好きなんだろう」ということも一緒に考えると、自分の思考と紐づく瞬間がみつかって、さらには自分の人生観までつながってきたりして。「だから自分は今こういう風に考えているんだな」と納得したり、悩みの解決策が見つかったりするときもあります。 単純にぼーっとすることはあまりなくて、自分の心が動くものを常に探しているのかもしれません。みんながいいと感じるものは、すぐ体験してみることが多いですね。素敵なものとか、自分がいいなと思うものにたくさん触れたい。きっと、これからの自分の人生の中でもずっと触れていたいんだろうな、と思います。

感情はちゃんと発散して、客観視もする

――仕事と向き合うなかで、気持ちの浮き沈みはありますか?

もともと感情は豊かなほうで、気持ちの浮き沈みは大きいと思います。特に、社会人3年目くらいまでは成功体験もあまりなくて、ネガティブになることが多かった。その頃は、企画で自分のやりたいことを表現するよりも、“企画を通すこと”が目的になっていたんです。「できない人って思われたくない」とか、「先輩と比べてなんでできないんだろう」とか、いろいろと考えてしまっていました。

当時の先輩たちに相談したら、共感してくれる人が多かったですね。「いつか絶対うまくいくようになるから大丈夫だよ」って言ってもらえたことをきっかけに、企画で何を達成したいのか、お客様にどうなっていただきたいのかに目を向けられるようになりました。どうせやるなら、お客さまのために自分がやるべきだと思ったことをぶつけてみよう、と。そのときから、徐々にいろんなことがうまくいき始めたように思います。

――気持ちをコントロールしていくことも大切ですよね。

私はため込むとダメなタイプなので、泣いたり、言葉にしたりと、ちゃんと発散することを大事にしています。私、自分が感情的になっているのを俯瞰して見る癖があって(笑)。怒るときは怒る、泣くときは泣く。けれど、そのとき「私、こういうところあるもんね」って第三者的な視点で冷静に客観視しています。

仕事でも、相手にはちゃんと自己開示することを心掛けていて。本当に困っていることは、相手にも言葉にして話すようにしたいし、自分が今何について悩んでいるかを伝えることは、お互いのためになると思っているんです。

※本記事内容は、公開日(2024年4月26日)時点の情報に基づきます。

Profile

馬場愛 (Baba Ai)

2015年にオルビス株式会社に新卒入社。ブランドデザイン部 商品企画グループにてグループマネジャーを務める。2022年8月リニューアル発売「オルビスユーシリーズ」の企画を担当。

Text Sachiyo Omura・Yuki Enomoto / Edit Yuki Enomoto

PROJECT back number

vol.1
2024.05.14

新しい行動指針「オルビススタイル」が誕生。今、改めて“お客様視点”を明言する理由とは?

vol.3
2024.04.18

働く場所や仕事の内容が異なっても、『ONE ORBIS』として目指す姿は同じ。全社で気持ちをひとつにして臨んだ2024年入社式への想いとは

vol.4
2024.04.12

【代表小林 トップインタビュー】構造改革を経て、目指すのは「素肌ウェルネス」の追求(後編)

vol.5
2024.04.12

【代表小林 トップインタビュー】5年間のリブランディングによる構造改革で生み出した成果とオルビスの現在地、そしてこれから(前編)

vol.6
2024.03.19

プロダクトが持つ気配もデザインできるように

vol.7
2024.02.19

広告代理店、事業会社のどちらを選択するか。マーケターを目指した学生の就職活動体験記

vol.8
2024.02.15

2024年のオルビスが目指すもの。全社総会『ONE ORBIS FORUM 2023 WINTER』で語られた、「お客様視点」の重要性とは

vol.9
2024.01.26

BtoB事業躍進の背景を語る。オルビスが目指す「お客様との新たな接点づくり」とは

vol.10
2023.12.25

「ONE ORBISで、ともに前へ。」いま改めて振り返る、内定式で語られた、オルビスの揺るがない軸と目指す姿

vol.11
2023.12.08

「自分らしさ」を活かした接客スタイルを実現。業界未経験のBAが感じる、オルビスで働くやりがいと成長実感

vol.12
2023.11.30

化粧品業界は自分にとって「最も遠い業界」だから面白い。若手マーケターが成長を実感できる、オルビス独自の環境とは

vol.13
2023.11.21

オルビスの“組織戦闘力”を上げる。HR領域で組織開発グループが手掛ける、社内から始まる価値創造

vol.14
2023.09.29

コンテンツ制作を起点に「ブランド価値」を守りつつ「売上」をつくる。コミュニケーション企画の面白さとやりがい

vol.15
2023.09.25

リブランディングからの実りを全社で実感「ONE ORBIS FORUM 2023 SUMMER」で語られた更なるブランド成長への想い

vol.16
2023.09.11

「クリーンビューティ」への新たな挑戦。他社を経験した商品企画スペシャリストが実現したいこと

vol.17
2023.09.05

販売好調、オルビス最高峰のエイジングケアシリーズ『オルビスユー ドットシリーズ』リニューアルの葛藤と挑戦

vol.18
2023.08.10

ベスコス獲得やSNS拡散はなぜ必要か。ブランド力を育てるPR・ファネル戦略グループが、新体制で目指すこと

vol.19
2023.07.12

オルビス全社表彰イベントのベストパフォーマーに聞く。一人ひとりが追求する「お客様起点」の考え方とアクション

vol.20
2023.06.14

ブランドの共感者とともに、オルビスの未来を創る。新たなオウンドメディア 「ORBIS IS 」が目指すこととは

vol.21
2023.05.09

リブランディングから5年。変化を経て見えたオルビスの価値と「さらなる進化」に向けた3つの課題

vol.22
2023.05.08

里山再生に10年。 人と自然の共生を目指す、オルビスの森づくりとは

vol.23
2023.04.25

お客様の“顔”が見える環境で、マーケターとしてのスキルを磨く。「定量×定性」で深めるオルビスのCRM

vol.24
2023.03.16

提供価値「スマートエイジング®」への共感を軸に自走する組織へ。挑戦を続けるチームづくりに必要なリーダーシップとは

vol.25
2023.03.16

オルビスらしいマーケティングの本質とは? 代表の小林と考える、「クリアフル」のリブランディングから見えたこと

vol.26
2022.12.20

“自信のなさ”をバネに挑戦し続ける、「ORBIS Mr.」のリーダーが世の中に届けたいメッセージ

vol.27
2022.12.07

成長を求め広告代理店から転職。オルビスだからできる“深さ”を追求するマーケティングの面白さ

vol.28
2022.11.30

オルビスがアプリ内新サービス『肌カ.ル.テ』で目指す、「深く・長い」お客様との関係づくりとは

vol.29
2022.11.24

お客様に寄り添い、自分らしく働ける。転職して実感した、オルビスのBAとして働く魅力とは

vol.30
2022.11.18

オルビスが週2日出社の「ハイブリッドワーク」を導入した背景、狙いとは?

vol.31
2022.10.20

お客様への価値提供を考え抜き、ブランドとして進化し続ける。オルビス商品企画の面白さとやりがい

vol.32
2022.07.28

2021年新卒入社のリアルな声。入社1年を経た「今」、私たちが感じていること

vol.33
2022.07.20

オルビスが掲げるビジョンの実現に向けて、最も貢献したメンバー、プロジェクトとは?年に1度の全社表彰イベント『ONE ORBIS AWARD 2022』の全貌をお届けします!

vol.34
2022.06.30

“日本一のマーケター”を目指す学生が辿り着いた先が、オルビスだった話

vol.35
2022.06.09

「スマートエイジング(R)」はビューティーだけではない。 2029年の成長ブースター創出のための苦労と未来への兆し(後編)

vol.36
2022.06.09

ビジョンを体現するサイト「Portal to the Future」の真の狙いとは。 新規事業の立ち上げから考える、オルビスが目指す未来(前編)

vol.37
2022.04.28

他社でキャリアを重ねた3者は、なぜオルビスへ? 中途社員が組織や働き方について本音で語ります

vol.38
2022.04.04

「小林の部屋」を覗いてみたら、そこは会社のトップと社員がフラットに想いを伝え合う場でした。

vol.39
2022.03.29

【トップインタビュー】デジタルとリアルの融合、顧客起点でのDX推進で新たなブランド価値の創出へ

vol.40
2022.03.02

優勝チームを発表!オルビスの長期インターンで1位に輝いた新規事業とは?(後編)

vol.41
2022.03.02

12名の学生と描く未来。オルビスが新規事業開発の長期インターンを実施!(前編)

vol.42
2022.02.15

入社2年目にして販売戦略を先導するMDに。年次にかかわらず挑戦できるオルビスの成長環境とは

vol.43
2022.01.18

累計約1,000名の社員が参加した社内アカデミー「ORBIS LAB」の開催事例をご紹介します!(後編)

vol.44
2022.01.17

多様な個の掛け算、学び合いが社員の成長を加速させる。「ORBIS LAB」運営メンバーに徹底インタビューしました! (前編)

vol.45
2022.01.13

2022年も、「ONE ORBIS」で最高のスタート。『KICK OFF MEETING 2022』を開催しました!

vol.46
2021.12.22

「ONE ORBIS」で駆け抜けた1年、そして未来へ。『ONE ORBIS FORUM 2021 WINTER』の全貌をお届けします!

vol.47
2021.12.08

オルビスとお客様を繋ぐ「虹」、ビスタが主役の3日間。『BISTA WEEK 2021』に密着しました!

vol.48
2021.12.03

一人ひとりの行動の積み重ねが会社のカルチャーを作る。「未来志向×オープンマインド」を醸成した3年間

vol.49
2021.12.01

ビューティ領域にとどまらない新規事業への挑戦。オルビスの未来をゼロイチで創造するリーダーの想い

vol.50
2021.11.25

「柔軟性とスピード感の両立」。大手化粧品メーカーから転職して1年、肌で感じたオルビスの強みとは

vol.51
2021.11.15

2018年からの3年を振り返る、リブランディングのこれまでとオルビスの未来とは

vol.52
2021.09.21

パーソナライズにサラダ販売。多角的な取り組みを牽引する、新規事業開発グループが目指す未来

vol.53
2021.08.19

部署も役職も超えて「ONE ORBIS」でお客様への価値提供を考える一日。全社総会『ONE ORBIS FORUM 2021 SUMMER』をレポートします!

vol.54
2021.06.14

風土と制度を両輪で変える。「変革エージェント」として組織改革を支えた、HRの進化

vol.55
2021.06.04

2度の産休を経て、さらに“自分らしく”。オルビスのフラットな風土で活躍する女性マネージャーの働き方

vol.56
2021.05.10

「その人そのものの良さを解放したい。」メンズ化粧品ブランド「Mr.」タスクフォースを立ち上げた新卒11年目社員の想いとは

vol.57
2021.05.10

マーケコンサル会社とスタートアップを経てオルビスへ。オルビスだからできること、そして実現したい未来とは

vol.58
2021.04.13

障がいに関わらず、専門性を高めていけるオルビスで、成長し続けたい

vol.59
2021.03.23

「ビューティーアドバイザーの数だけお客様に喜んでいただけるような魅力を持っている」ビューティーアドバイザー・チーフを経験したスーパーバイザーの想いとは

vol.60
2021.03.14

入社3年目で社長に直談判。新規プロジェクトを立ち上げたリーダーが語る、オルビスで働く面白さ